《メンタルマスター/Mind Master》

チューナー(効果モンスター)(禁止カード)
星1/光属性/サイキック族/攻 100/守 200
800ライフポイントを払い、
「メンタルマスター」以外の自分フィールド上の
サイキック族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキからレベル4以下のサイキック族モンスター1体を
表側攻撃表示で特殊召喚する。

 THE DUELIST GENESISで登場した光属性サイキック族下級モンスターチューナー
 デッキからサイキック族特殊召喚する起動効果を持つ。

 リクルート対象は広いが、ライフコストが必要であり、攻撃表示特殊召喚しなければならない。
 ステータスも貧弱な上、このカードを残しつつリリース用のサイキック族モンスターを用意する必要があるため、運用はやや難しい。
 しかし、効果は1ターンに何度でも発動できるので、ライフさえあれば好きなだけリクルート墓地肥やしデッキ圧縮ができる。

 また、リクルート対象には優れた起動効果を持ったモンスターもおり、それらを連発するのも有効。
 手札コスト特殊召喚に繋げられる《寡黙なるサイコプリースト》セットカードを何枚でも破壊できる《ディストラクター》2回攻撃を付与できる《サイコ・ウォールド》などが挙げられる。
 対象となるカードを簡単に墓地に貯められる《念動収集機》とのコンボも非常に強力である。

 《脳開発研究所》発動することで、リリースさえ確保できればいくらでもリクルートできるようになる。
 ただし、サイコカウンターの大量に乗った《脳開発研究所》除去されるとエンドカードに成り得るので、途中に《ディストラクター》を挟みたい。
 このカードと軸にしてデッキを組めば1ターンキルも可能である。

 隣にサイキック族を並べなければ何もできないカードなので、このカード特殊召喚するカードとの併用が基本。
 デッキからならば《緊急テレポート》《ワン・フォー・ワン》墓地からは《念動収集機》といった低レベルを生かしたカードが使いやすい。
 終盤、手札が尽きてライフも減った状態で引いても腐るだけなので、早めにデッキから呼び出したい。

  • 海外版のテキストでは、「《メンタルマスター》以外の」という記述が初めから存在する。
  • その見た目は、まさしく透明な容器に入った脳であり、多少グロテスクなものが感じられる。
    機械の身体のようだが、脳の存在から、元々は何らかの生物だった可能性が高い。
    また、下部より腕も生えており、自在に動かせるらしい。
  • イラスト上での外見において不思議な点の多いモンスター
    登場カードイラストによって、頭上(と思わしき部分)にあるマークの有無がまちまちであったり、ボディ正面の小さな球体の並び方が異なっていたりする。
    今後の登場カードでの謎の解明が待たれる。
  • 日本名の「メンタル(mental)」が英語名で「mind」になっているのは、恐らく「mental」に「精神病(の)」という意味があるためだと思われる。
  • コナミのゲーム作品において―
    裁定変更後に登場したゲームに収録されているテキストには「《メンタルマスター》以外の」という一文が加えられている。
  • DUEL TERMINALではEXステージのディヴァインが使用。
    アニメで使用されなかったが、専用ボイスが用意されており、シンクロ召喚される際にはレベルも喋る。
    ゲーム内ではCPUに問題があるせいか、無意味に攻撃表示で出されることがある。
    現在禁止カードとなっているこのカードだが、ディヴァインは無限ループを狙ってくるわけではないので現実ほどの脅威ではない。

関連カード

―《メンタルマスター》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:このカード自身をリリースすることで特殊召喚できますか?
A:自身はリリースできません。(08/04/19)


Tag: 《メンタルマスター》 効果モンスター チューナーモンスター モンスター 星1 光属性 サイキック族 攻100 守200

広告