《ラーの使徒(しと)/Ra's Disciple》

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1100/守 600
(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
手札・デッキから「ラーの使徒」を2体まで特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は「ラーの使徒」の効果以外ではモンスターを特殊召喚できず、
このカードは「オシリスの天空竜」「オベリスクの巨神兵」「ラーの翼神竜」の
アドバンス召喚以外のためにはリリースできない。

 コレクターズパック−伝説の決闘者編−で登場した光属性天使族下級モンスター
 召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に手札デッキから同名カード特殊召喚する誘発効果、自身を三幻神以外のリリースに使えず他の特殊召喚を封じる永続効果を持つ。

 (1)の特殊召喚効果はこのカード召喚特殊召喚両方に対応しており、《ヒーロー・キッズ》などの類似カードより更に緩い条件で同名カードを3体並べることができる。
 しかし、(2)のデメリットにより召喚行為が極めて制限されるため、三幻神専用のリリースが主な使い方となる。
 召喚に対応するため単体で使えるが、召喚権を使うためそのままでは同ターン三幻神召喚することができなくなってしまう。
 《二重召喚》などで召喚権を増やす、《光神化》《フォトン・リード》などの扱いやすい特殊召喚等を併用して、三幻神召喚権を残しつつ効果発動したいところ。

 ただし、《強制脱出装置》などのフリーチェーン三幻神召喚前に3体のうち一部が除去されてしまった場合、デメリットが大きく圧し掛かってくる。
 三幻神リリース不足により召喚できず、特殊召喚によりリリースを補うこともできないとなると場が完全に膠着してしまい大きな隙を晒すことになってしまう。
 できれば事前に他のモンスターを置いておき、除去リリースが足りなくなる状況は避けられるようにしたい。
 手札からも(1)の効果での特殊召喚はできるため事故にこそならないものの、3枚積み必須の効果であるため手札に複数枚来やすいのも難点。

 特殊召喚の関わらないリリース以外のコストならばデメリットを回避できるので、墓地へ送る《強制終了》《ドミノ》等には利用ができる。
 リスクの高いモンスターなので、中途半端に1体または2体残ってしまった時のためにこのような処理法は用意しておきたい。
 また、相手送りつけデメリットを押し付けるのもいいだろう。
 下級モンスター通常召喚、《ラーの使徒》以外を使ったアドバンス召喚は防げないが、このカード自体はほぼ一切のリリースができないので非常に処理しづらく、その間は特殊召喚を完全に封印できる。
 ただし、自爆特攻ロックを解除されてしまうことと、このカード自分フィールドに2体以上残ってしまった場合《強制転移》などでは全てを送りつけられない。
 前述の《強制終了》で、余った自分の《ラーの使徒》を処理しながら相手の《ラーの使徒》の自爆特攻を防げれば都合がいい。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/05/17)


Tag: 《ラーの使徒》 効果モンスター モンスター 星3 光属性 天使族 攻1100 守600

広告