《ライト・サーペント/Lightserpent》

効果モンスター
星3/光属性/爬虫類族/攻1200/守 800
このカードが手札から墓地へ送られた場合、
このカードを墓地から特殊召喚する事ができる。
このカードはシンクロ素材とする事はできない。

 PHOTON SHOCKWAVEで登場した光属性爬虫類族下級モンスター
 シンクロ素材にできない効果外テキストと、手札から墓地へ送られた場合に任意自己再生できる誘発効果を持つ。

 手札からであればどのような方法で墓地に送られても蘇生できる。
 さらには墓地へ送られた場合であるため、チェーン2以降や手札コストとして使用してもタイミングを逃さない
 ただし、同属性魔轟神には同質の自己再生効果を持つモンスターが多く、魔轟神強制効果が多いためタイミングを逃さないのも同様である。
 特に《魔轟神獣ガナシア》レベルが同じ上、シンクロ素材にもできるなど、全体的に使い勝手が優っている。
 ステータスについてもあちらの方が高いが、こちらにも《奈落の落とし穴》を回避したり《シャインエンジェル》特殊召喚できるという利点がある。
 また、こちらは墓地へ送るタイプのカードでも特殊召喚できるという点では長ずるものの、実際に相性の良いものは限られる。

 無理に差別化を意識するよりも、手札捨てるカードで上記の他のモンスターと連携を図ったほうが扱いやすい。
 魔轟神獣レベル3で自己再生効果を持つのは《魔轟神獣ガナシア》のみであるため、2種目として採用しておく事で同時展開が狙いやすい。
 手札捨てる事で展開を行う《ライトロード・サモナー ルミナス》およびその蘇生対象レベルライトロードとを組み合わせたデッキを組むのも手。
 光属性で固めれば《セイクリッド・ヒアデス》につなげられ、そこから《ストイック・チャレンジ》《迅雷の騎士ガイアドラグーン》との大ダメージコンボを狙う事ができる。
 無論、相手墓地利用や手札誘発による妨害が少ないと踏めるならば、《手札断殺》を併用しても困らない。
 うまく《スキル・プリズナー》墓地へ置く事ができれば、《エフェクト・ヴェーラー》対策にもなる。

  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALのアクションデュエルのミニゲーム「破滅のフォトンストリーム」ではザコ敵として大量に登場。
    攻撃は遅いが、耐久力が一番高く大量に出てくるため厄介なモンスターである。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中にこのカード手札から墓地へ送られた場合に自身を特殊召喚する効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(11/07/16)

Q:シンクロ素材にできない効果《スキルドレイン》無効にできますか?
A:できません。(11/07/17)


Tag: 《ライト・サーペント》 効果モンスター モンスター 星3 光属性 爬虫類族 攻1200 守800

広告