《ライトエンド・ドラゴン/Light End Dragon》

シンクロ・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2600/守2100
チューナー+チューナー以外の光属性モンスター1体以上
このカードが相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
このカードの攻撃力・守備力を500ポイントダウンし、
戦闘を行う相手モンスターの攻撃力・守備力は
エンドフェイズ時まで1500ポイントダウンする。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 LIMITED EDITION 12で登場した光属性ドラゴン族シンクロモンスター
 自身の攻撃力守備力を下げる事で相手戦闘モンスター攻撃力守備力を下げる対象をとらない誘発効果を持つ。

 シンクロ素材には、チューナー以外のモンスター光属性でなければならないという条件を持つ。
 《サイバー・ドラゴン》《フォトン・スラッシャー》等を使用すれば、比較的楽に出せるだろう。

 このモンスター攻撃することを前提にした場合効果は「相手モンスター攻撃力守備力を1000ポイント下げる」ことと同じと言ってよい。
 ただ、攻撃を介する効果除去される危険性が高く、自身も弱体化するため《No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ》からも標的にされてしまう。
 同レベルには除去性能の高い《えん魔竜 レッド・デーモン》や同様に戦闘に強い《ギガンテック・ファイター》など多くのモンスターが存在し、デメリットのあるこのカードを優先させる意義は薄い。
 同じ種族属性には戦闘効果耐性もある《閃こう竜 スターダスト》がおり、同じ召喚条件には対応範囲が広い《神聖騎士パーシアス》も存在し、立場は非常に厳しい。

  • アニメ5D'sにて遊星が使用した罠カード《コズミック・ブラスト》と、ジャックの使用した罠カード《チューナーズ・マインド》のイラストに描かれている。
  • 「犬マユゲでいこう」の182話で、このカードのパロディの《ライトエソド・ドラゴソ》が登場。
    何故かバドミントンのラケットとシャトルを持ち、魔法カード《ハゲの光》によって、オグシオ(のどちらか)とペアを組んで召喚された。
    また、「犬マユゲでいこう」の単行本「犬マユゲでいこうGX GXって何だよ!!」」にはこの《ライトエソド・ドラゴソ》と《ダークエソド・ドラゴソ》(《ダークエンド・ドラゴン》を参照)が付属するが、遊戯王OCGカードではない上大きさも全く異なるので、デュエルに使用することはできない。

関連カード

エンドフェイズ時まで戦闘した相手モンスター1体の攻守をダウン

収録パック等

FAQ

Q:「チューナー以外の光属性モンスター1体以上」の内、全てが光属性である必要がありますか?
A:はい、そうです。(08/07/26)

Q:複数の属性を持つモンスターシンクロ召喚の素材にすることは可能ですか。
A:複数の属性のうち光属性があれば可能です。(08/07/29)

Q:効果の種別は何ですか?
  対象をとる効果ですか?
A:誘発効果対象をとりません。(08/07/26)

Q:相手モンスターがこのカード攻撃宣言した時も効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(08/07/26)

Q:裏側守備表示モンスター攻撃した時に効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(08/07/26)

Q:自身の「攻撃力守備力は500ポイントダウン」はいつまでダウンしているかの指定がテキストに書かれていませんが、表側表示で場に存在する限り永続的にダウンするのですか?
A:このカード表側表示で存在する限りダウンし続けたままです。(08/07/26)

Q:《スキルドレイン》発動された場合、自身の効果で下がっていた攻撃力守備力は元に戻りますか?
A:いいえ、元に戻りません。(15/07/25)

Q:《スキルドレイン》発動された場合、自身の効果攻撃力が下がった相手モンスター攻撃力守備力は元に戻りますか?
A:いいえ、元に戻りません。(08/07/26)

Q:効果解決時にこのカードフィールド上に表側表示で存在しない場合、または攻守が500未満になった場合、このカードの効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(08/07/26)

Q:攻撃力守備力のいずれかが500より少ない場合、効果発動できますか?
A:いいえ、発動自体できません。(08/07/26)

Q:この効果は1ターンに何度でも発動でき、ダウンした数値は加算されていきますか?
A:同じ戦闘時なら1回しか発動できません。
  また別々の戦闘時なら1ターンにそれぞれ1回発動できます。(08/07/29)

Q:攻撃力また守備力が1500未満のモンスターに対して、効果発動できますか?
A:はい、発動でき、1500未満の攻撃力また守備力は0になります。
  ただし、攻撃力守備力が両方0のモンスターに対して発動できません。(08/10/05)

Q:《あまのじゃくの呪い》効果適用されている時に自身の効果でこのカード攻撃力守備力がダウンする代わりアップした場合、相手モンスター攻撃力がダウン(《あまのじゃくの呪い》効果により代わりに攻撃力守備力がアップ)する処理は行われますか?
A:行われません。(16/09/29)

Q:効果を4回使用して、攻撃力守備力が600/100の時に《あまのじゃくの呪い》効果適用された場合、攻撃力守備力はどうなりますか?
A:その場合、ダウンした数値の分がアップした数値分になりますので攻撃力守備力は4600/4100になり、エンドフェイズ時には攻撃力守備力が600/100の状態に戻ります。(10/01/05)

Q:効果処理時に戦闘を行う相手モンスターフィールドから離れている場合、このカードの『このカード攻撃力守備力を500ポイントダウンし』の効果適用されますか?
A:適用されます。(16/09/29)


Tag: 《ライトエンド・ドラゴン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星8 光属性 ドラゴン族 攻2600 守2100

広告