《ライトロード・アーク ミカエル/Michael, the Arch-Lightsworn》

シンクロ・効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2600/守2000
チューナー+チューナー以外の光属性モンスター1体以上
(1):1ターンに1度、1000LPを払い、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
(2):このカードが破壊された時、
このカード以外の自分の墓地の「ライトロード」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻し、自分は戻した数×300LP回復する。
(3):自分エンドフェイズに発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

 デュエリストセット Ver.ライトロード・ジャッジメントで登場した光属性ドラゴン族シンクロモンスター
 1ターンに1度フィールドのカード1枚を除外する起動効果破壊された時に墓地ライトロードデッキ戻しライフ回復をする誘発効果自分デッキ墓地へ送る誘発効果を持つ。

 ライトロードの名を持つが、シンクロ素材は非チューナー光属性に指定するのみで、(1)の効果であればライトロードなしで使用できる。
 また、《フォトン・スラッシャー》《サイバー・ドラゴン》などが利用できるため、他のシンクロ召喚を行うデッキでも構築次第で採用を検討できる。
 《簡易融合》には《重装機甲 パンツァードラゴン》など4種類のレベル5の光属性モンスターが対応している。
 《銀河戦士》効果《ギャラクシーサーペント》サーチする事でも、このカードシンクロ召喚を狙える。
 《銀河戦士》を採用した【サイバー・ドラゴン】なら《銀河の魔導師》《銀河遠征》事故要因になる事があるので、こちらの採用を検討できる。

 《デブリ・ドラゴン》《カメンレオン》等からもシンクロ召喚を狙えるが、レベル光属性にはクセの強いものが多く、上記のカードとはじめから共存しやすいものが少ない。
 ライトロードでも対応するのはあまり汎用的ではない《ライトロード・スピリット シャイア》のみである。
 レベル3あるいは光属性以外にも蘇生対象を有する【電池メン】【コンタクト融合】【Nビート】【天使族】で活かすとよいだろう。
 《カメンレオン》蘇生範囲が狭くデメリットが存在するが、《フォトン・スラッシャー》などとも連携がとれる。
 【電池メン】【天使族】以外では《創造の代行者 ヴィーナス》の存在から【代行者】でも扱える。

 (1)の効果ライフコストを払うことでカード1枚を除外する効果
 除外なので破壊耐性持ちに阻まれず、墓地で発揮する効果や再利用を防ぐ事ができるので堅実にアドバンテージを取ることができる。
 カードの種類も問わないので幅広い活躍が期待できる。
 対象を取る効果耐性を持つカードは苦手だが、その点は《ブラック・ローズ・ドラゴン》と使い分けて対処したい。

 (2)の効果は自身の効果などで消費したライフポイント回復できるが、墓地肥やしを旨とするライトロードと噛み合わせが悪い。
 とはいえ任意効果なので、あって邪魔になる効果でもない。
 【ライトロード】では著しくデッキを消耗してしまっている際のデッキ切れ回避や、自身や他のカードライフコストを調達する非常手段が主な使い所となるだろう。
 戻す枚数は自由に決められるので、同名のライトロードが複数枚墓地に存在するならば心置きなく戻すことができる。
 能動的な発動は難しく、タイミングを逃す恐れもあるため、こちらの効果は「あれば便利になるかもしれない」程度のものと考えておいた方がいいだろう。

  • 「アーク」とは「首位、王、君主」等を意味する接頭辞。
    VJ特別号では「ライトロードを守護する最上位天使の一人で、英雄の魂を自らの居城へ導いてライトロードを組織した開祖である」と紹介されている。
    「ミカエル(ラテン語:Michael)」は、旧約聖書などに登場する大天使(アークエンジェル:Archangel)の一人の名として知られる。
    英語圏でよく使われる名前「マイケル(英語:Michael)」の由来でもある。
    イラスト《裁きの龍》の背中に立って剣を振り上げている人物がミカエルなのだろう。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXでは、プリンセス・ローズがモチーフを同じくする《両生類天使−ミ・ガエル》を使用している。

関連カード

イラスト関連

―《ライトロード・アーク ミカエル》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果対象をとる効果ですか?
A:はい、対象をとる効果です。(13/12/13)

Q:(2)の効果効果処理時対象に選択したモンスターの内1体が墓地に存在しなくなった場合、残りの対象に選択したモンスターデッキに戻し、ライフポイント回復する効果適用されますか?
A:はい、残りの選択したモンスターデッキに戻し、ライフポイント回復する効果適用されます。(13/11/23)

Q:ダメージステップ中に破壊された時でも(2)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/11/30)

Q:《グレイヴ・キーパー》フィールドに存在する時にこのカード戦闘破壊されてエクストラデッキに戻った場合でも、(2)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/11/23)


Tag: 《ライトロード・アーク ミカエル》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ 星7 光属性 ドラゴン族 攻2600 守2000 ライトロード

広告