《レッド・リブート》

カウンター罠
このカードはLPを半分払って手札から発動する事もできる。
(1):相手が罠カードを発動した時に発動できる。
その発動を無効にし、そのカードをそのままセットする。
その後、相手はデッキから罠カード1枚を選んで自身の魔法&罠ゾーンにセットできる。
このカードの発動後、ターン終了時まで相手は罠カードを発動できない。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場したカウンター罠
 ライフポイントを半分払う事で手札から発動できる発動条件相手罠カード発動無効にしセットする効果相手デッキから罠カード1枚をセットできる効果ターン終了時まで相手罠カード発動を封じる効果を持つ。

 罠カード無効化し、さらに1ターンの間に罠カードを封じこめることができる。
 しかし、無効化した罠カードの再利用を許してしまう上に、相手デッキから任意の罠カード1枚をセットされるという大きなデメリットがある。
 罠カードを封じている1ターンの間に1ターンキルを決めるか、伏せカードが増えても問題ないほどの制圧を行う、もしくは増える伏せカードを処理できる布陣を組むのが基本となる。

 単に1ターンの間罠カードを封じるなら《トラップ・スタン》もある。
 こちらはライフコストこそあるが、手札からも発動できるため即効性が高く、自分罠カード発動を妨害しないので、罠カードを展開に用いるデッキと相性が良い。

 自分ターンに複数の伏せカードを封じるのなら《局所的ハリケーン》《封魔の矢》もある。
 こちらはカウンター罠であるため、《次元障壁》などのフリーチェーン罠カードチェーン発動や、《虚無空間》《魔封じの芳香》などの永続罠スタンバイフェイズでの発動にも対応できる。
 反面、《禁じられた聖杯》などの速攻魔法に対応できない点や、1ターンキルできなかった時のリスクが大きいという問題があるので、一長一短と言える。

 また、こちらの全体除去に対する相手カウンターに強い。
 この効果により相手セットカードを増やされても、逆順処理によって最後に全体除去が通るので問題はない。
 1ターンキルの始動として全体除去を用いるデッキには有力なカードだと言えるだろう。

 現状、発動条件無しで手札から発動できるカウンター罠である。
 先攻ターン目で制圧された場合でも、相手《神の警告》などのカウンター罠をいなして制圧しかえせれば、相手罠カードが増える欠点も対処できるか。

 相手フィールドカードが増える状況を利用する手もある。
 《氷帝家臣エッシャー》など相手魔法・罠カードが規定枚数必要であったり、ジャックナイツなど、カードの存在する縦列が必要な場合に役立つ。
 ただし、これらのコンボを狙うにしても相手罠カードを伏せるかは任意であるため若干難しい。

 セット状態に戻った罠カード《The suppression PLUTO》で奪うのも手。
 チェーン発動されないため確実に奪える。
 相手が追加で有用なカードセットしたならば、奪い取る事で目論見も崩せる。

 変わったところでは《人造人間−サイコ・ジャッカー》との相性が良い。
 《人造人間−サイコ・ジャッカー》効果を通しつつ、相手罠カード無効にできる。
 《神の宣告》《ナイト・ショット》などで破壊してしまうと、《人造人間−サイコ・ジャッカー》効果の性質上手札人造人間特殊召喚出来なくなってしまう。
 さらに相手罠カードを増やせば、手札人造人間特殊召喚できる枚数を増やすことができる。

  • リブート(reboot)とは、英語で(パソコンなどの)再起動を意味する。
    イラストには赤く光る機械のレバーを操作する腕が描かれているが、危ないところで罠カードをシャットダウン(無効)し再起動(セット)を図るという事だろうか。
    また、「レッド」の由来は罠カードの枠の色が由来の可能性もある。

関連カード

収録パック等


Tag: 《レッド・リブート》 カウンター罠

広告