《ロスト/Disappear》

通常罠
相手の墓地のカード1枚をゲームから除外する。

 Mythological Age −蘇りし魂−で登場した通常罠
 相手墓地カード1枚を除外する。

 相手蘇生サルベージカードチェーン発動し、対象カード除外することで、蘇生サルベージ不発にできる。
 だが、同じ効果を持ち、手札から発動できる《D.D.クロウ》に比べると優先度は落ちる。
 こちらの利点はといえば、《次元の裂け目》《一族の結束》等との共存が可能な点なのだが、その場合でも《おろかな転生》《転生の予言》の方が多くの局面で勝る。
 自分カード除外できないので他の用途も見出し辛い。
 決して弱くないカードなのだが、上位互換に近いカードが存在するために採用の機会の少ない不憫なカードである。

  • 日本名の「ロスト(Lost)」は「失う、負ける」を意味する動詞「Lose」の過去形及び過去分詞系。
    英語名の「Disappear」は「姿を消す、消失する」を意味する動詞である。
  • RPG「Wizardry」では、死亡したキャラクターの蘇生に失敗すると「死体」が「灰」になる。
    そして「灰」の蘇生にも失敗すると「ロスト」となり、キャラクターのデータが消去され永久に蘇生不能となってしまう。
    相手の蘇生を阻害する効果や、ドラゴンの死体が風化しているイラストから考えると、これが元ネタと考えられる。

関連カード

―類似効果

収録パック等


Tag: 《ロスト》 通常罠

広告