《ロストワールド/Lost World》

フィールド魔法
(1):恐竜族以外のフィールドのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
(2):1ターンに1度、恐竜族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
相手フィールドに「ジュラエッグトークン」(恐竜族・地・星1・攻/守0)1体を守備表示で特殊召喚する。
(3):相手フィールドにトークンがある限り、
相手はトークン以外のフィールドのモンスターを効果の対象にできない。
(4):1ターンに1度、フィールドの通常モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりにその数だけ自分の手札・デッキの恐竜族モンスターを破壊できる。

 ストラクチャーデッキR−恐獣の鼓動−で登場したフィールド魔法
 恐竜族以外を全体弱体化する効果恐竜族召喚・特殊召喚に成功した場合にジュラエッグトークン相手フィールド特殊召喚できる効果相手モンスタートークン以外のモンスター効果の対象にできなくさせる効果通常モンスター破壊される代わりに手札デッキ恐竜族破壊できる効果を持つ。

 (1)は恐竜族以外のモンスターに対する全体弱体化
 恐竜族汎用性の高いモンスターはさほどいないため、【恐竜族】ミラーマッチコントロール奪取を除けば多くの場合で相手だけに弱体化を押し付けることができる。
 自分エクストラデッキ恐竜族以外のモンスターを採用する場合はそれらが弱体化を受けるが、相手モンスター弱体化しているならばさほど問題ではない。
 《No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ》を出しておけば強力な牽制にもなるため相性が良いが、上述の理由からエクストラデッキモンスターに対しては相手も同じ条件であることには注意したい。

 (2)は相手フィールドトークンを生成する効果で、(3)(4)の効果にも繋がる。
 トークンを生成は任意であり、相手アドバンス召喚シンクロ素材などに利用される可能性もあるので状況によってトークンを生成しない方が無難な場合もある。
 《ジュラック・グアイバ》などは戦闘モンスター破壊した時の効果が使いやすくなる。
 《ハイドロゲドン》の場合は戦闘破壊したモンスター墓地へ送る必要があるため、効果トリガーには使えないため注意したい。
 また、《ジュラック・スピノス》《群雄割拠》を併用して、(3)の効果と合わせてロックを掛けることもできる。
 逆に、ロックは捨てて《洗脳解除》トークンを奪いアドバンテージとすることも可能である。
 《ビッグバン・シュート》貫通ダメージを持たせたモンスター《暗黒ドリケラトプス》トークン戦闘破壊すれば貫通ダメージを与えられる。

 (3)は相手フィールドトークンが存在する限り相手モンスター対象に取ることができなくなるロック効果
 (2)の効果トークンを生成することで、自身のモンスター対象をとる(指定する)効果への耐性を与えることが可能。
 しかし、相手フィールドトークンを残す必要があるこの効果と、【恐竜族】の主戦術であるビートダウンとはあまり噛み合っていない。

 (4)は通常モンスター破壊に対して手札デッキ恐竜族身代わりにできる効果で、1ターンに1度ではあるが《奈落の落とし穴》全体除去などに耐性を得ることができる。
 《レスキューラビット》リクルートした《セイバーザウルス》《メガロスマッシャーX》を守りつつエクシーズ召喚へと繋ぎやすい。
 破壊するのは恐竜族モンスターリクルートできる《ベビケラサウルス》《プチラノドン》や、自己再生できる《盾航戦車ステゴサイバー》などがいいだろう。
 トークンにも適用できるので、(2)の効果で生成したトークンに対して効果を使い、《ベビケラサウルス》破壊すれば《ジュラック・グアイバ》などをリクルートして効果を使うことができる。
 破壊した恐竜族モンスター《生存本能》《ヴェルズ・サラマンドラ》除外コストになる。
 破壊されるモンスターの数だけ身代わりにするため、《ナイトメア・デーモンズ》《おジャマトリオ》などに対して《激流葬》などを使えば一度に3枚のカード破壊できる。
 ナイトメア・デーモン・トークン攻撃表示特殊召喚されるため、《プチラノドン》2体と《ベビケラサウルス》破壊してレベル6のモンスター2体と《ジュラック・モノロフ》リクルートし、《No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ》エクシーズ召喚すれば1ターンキルができる。

  • 英語で「ロストワールド(Lost World)」は「失われた世界」を意味し、現在には存在しなくなったはずの秘境・別世界をモチーフとしたジャンルの名称としても使われている。
    「現在に存在しなくなったはずの要素」として恐竜が登場することもあり、アーサー・コナン・ドイルのSF小説『The Lost World』(邦題:失われた世界)はその筆頭と言える。
    同著に影響を受けた作品は数多く存在し、その一つであるスティーヴン・スピルバーグ監督の恐竜映画『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(あるいはその元となった小説作品)は国内においても特に有名だろう。
    映画のシリーズについては《ジュラシックワールド》を参照。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自分のみが《ロストワールド》を発動している状態で、相手恐竜族モンスター召喚しました。
  (2)の効果特殊召喚されるトークンはどちらのフィールド特殊召喚されるのでしょうか?
A:《ロストワールド》を発動しているコントローラー側から見て、相手フィールド特殊召喚されます。
  この場合、《ロストワールド》を発動しているのは自分だけなのでトークン自分フィールド特殊召喚されることはありません。
  またこの状態で、トークン特殊召喚する位置を決めるのも、《ロストワールド》のコントローラーが決定します。(17/06/16)


Tag: 《ロストワールド》 魔法 フィールド魔法

広告