《ヴァレル・レフリジェレーション/Borrel Cooling》

通常罠
(1):自分フィールドの「ヴァレット」モンスター1体をリリースし、
自分フィールドの「ヴァレル」リンクモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは戦闘・効果では破壊されない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 EXTREME FORCEで登場した通常罠
 ヴァレルリンクモンスター装備カードとなり、装備モンスター効果を付与する効果を持つ。

 装備カードゆえ除去に弱く、発動コストとしてヴァレットリリースするので消費もかさむ。
 使うのなら《リボルブート・セクター》などでヴァレットを展開しておきたい。

 効果は、ヴァレルに「対象モンスター破壊耐性を付与する誘発即時効果」を付与するというもの。
 破壊耐性自体は確かに便利であるが、このカードの重さに見合っているとは言いづらい。
 単に破壊耐性を付与したいなら、《ディメンション・ガーディアン》でも可能である。

 「リンクモンスター対象をとる効果を付与する」カードなので、ヴァレット対象にとるコンボが可能になる。
 ただし、リンク4のヴァレルリンクモンスターは自身の効果によって元々このコンボが行えるため、その回数を増やすためだけにわざわざこのカードを使用する意味は薄い。
 また、《ヴァレルロード・ドラゴン》モンスター効果への対象耐性を持つため、自身に効果適用して維持に利用することができない。
 《ヴァレルソード・ドラゴン》効果に対する耐性が無いため利用する価値はある。

 《ショートヴァレル・ドラゴン》リンク2なので出しやすく、ヴァレット対象に取る効果を持たないことや、ステータスが低いため自身に戦闘破壊耐性を付与できるといった点から装備する意義は大きい。
 相手ターンは自身を対象にして生き残り、自分ターンではヴァレット対象としてコンボが可能。

 もっとも、《ショートヴァレル・ドラゴン》とこのカードを用いるにしてもヴァレット3体とこのカード1枚の計4枚を消費する。
 このカードではなく特殊召喚できるモンスターを使えばリンク4のヴァレルを出し、コンボが可能となる。
 さらに《ショートヴァレル・ドラゴン》と同じリンク素材で出せる《ブースター・ドラゴン》ならこのカードを用いずともヴァレットとのコンボを行える。

  • 「refrigeration」は英語で「冷蔵」「冷却」の意味。
    銃身を冷ましているのだろう。
    英語名では「Cooling」と非常にわかりやすくなっている。

関連カード

装備カードになる罠カードこちらを参照。

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ヴァレル・レフリジェレーション》 通常罠

広告