《ヴァレル・レフリジェレーション》

通常罠
(1):自分フィールドの「ヴァレット」モンスター1体をリリースし、
自分フィールドの「ヴァレル」リンクモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは戦闘・効果では破壊されない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 EXTREME FORCEで登場した通常罠
 ヴァレルリンクモンスター装備カードとなり、装備モンスター効果を付与する効果を持つ。

 現状、ヴァレルリンクモンスターリンク4の《ヴァレルロード・ドラゴン》しかなく、腐りやすい。
 装備カードゆえ除去にも弱く、発動コストとしてヴァレットリリースするので消費もかさむ。

 効果は、ヴァレルに「対象モンスター破壊耐性を付与する誘発即時効果」を付与するというもの。
 破壊耐性自体は確かに便利であるが、このカードの重さに見合っているかは疑問である。
 《ドラゴン・シールド》《ディメンション・ガーディアン》でも破壊耐性は付与できる。

 「リンクモンスター対象をとる効果を付与する」カードなので、ヴァレット対象にとるコンボが可能になる。
 ただし、《ヴァレルロード・ドラゴン》は自身の効果によって元々このコンボが行えるため、その回数を増やすためだけにわざわざこのカードを使用する意味は薄い。
 また、《ヴァレルロード・ドラゴン》モンスター効果への対象耐性を持つため、自身に効果適用して維持に利用することができない。

  • 「refrigeration」は英語で「冷蔵」「冷却」の意味。
    銃身を冷ましているのだろう。

関連カード

装備カードになる罠カードこちらを参照。

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ヴァレル・レフリジェレーション》 通常罠

広告