《ヴァレルロード・ドラゴン》

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000
【リンクマーカー:左/左下/右下/右】
効果モンスター3体以上
(1):このカードはモンスター効果の対象にならない。
(2):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。
そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。

 CIRCUIT BREAKで登場する闇属性ドラゴン族リンクモンスター
 モンスター効果の対象にならない効果モンスター単体弱体化を行う効果攻撃する際に相手モンスターコントロールを得て、次のターンエンドフェイズにそのモンスター墓地へ送る効果を持つ。

 リンク素材効果モンスター3体以上が指定されており、同LINK《トポロジック・ボマー・ドラゴン》と比べても出しにくい。
 リンクマーカーは左右及び右下、左下に向いており、エクストラモンスターゾーンメインモンスターゾーンのどちらに特殊召喚しても効果は利用できる。

 (1)は、モンスター効果対象にならない耐性
 魔法・罠カード対象を取らないモンスターには無力であるが、このモンスターはかなり重いので限定的とはいえ耐性を持っているのはありがたい。

 (2)は、フリーチェーンモンスター攻撃力守備力を500ダウンさせ、相手のチェーンを封じる効果
 (1)の効果により自身は無理であるが、それ以外の自分フィールドモンスター対象にすることも可能。
 そのため、攻撃宣言時や特殊召喚成功時などの任意のタイミングで相手カード発動を封じる効果として見ることもできる。
 また自分カード発動は制限しないため、ヴァレット《青き眼の乙女》のような効果の対象に取られた時に発動する効果のサポートにもなる。

 (3)は、攻撃を行った際のコントロール奪取
 攻撃を行うだけでコントロール奪取ができるので、容易にアドバンテージが得られる。
 奪い取ったモンスターにも自壊以外の制約は一切存在しないため、そのままアタッカーとして用いたりモンスター効果を利用するのも自由である。
 次のターンエンドフェイズ自壊してしまうが、メインフェイズ2で各種素材にしてしまえばいい。
 相手の大型のリンクモンスターを奪い取ればそれを素材にさらに大型のリンクモンスター特殊召喚も狙える。

関連カード

―《ヴァレルロード・ドラゴン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ヴァレルロード・ドラゴン》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク4 闇属性 ドラゴン族 攻3000

広告