暗黒界(あんこくかい)魔神(ましん) レイン/Reign-Beaux, Overlord of Dark World》

効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻2500/守1800
このカードが相手のカードの効果によって手札から墓地へ捨てられた場合、
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、
相手フィールド上の全てのモンスターまたは全ての魔法・罠カードを破壊する。

 STRIKE OF NEOSで登場した闇属性悪魔族最上級モンスター
 相手効果手札から墓地へ捨てられた場合に自己再生する誘発効果、この方法で特殊召喚に成功した場合に相手モンスターまたは魔法・罠カード全体除去する誘発効果を持つ。

 暗黒界の中では《暗黒界の龍神 グラファ》に次ぐ攻撃力を持ち、《闇のデッキ破壊ウイルス》媒体にできるステータスを持っている。
 しかし、《暗黒界の武神 ゴルド》《暗黒界の軍神 シルバ》とは異なり、自分発動したカードの効果では自身のモンスター効果発動できないため、【暗黒界】の要である《暗黒界の門》《手札抹殺》等による能動的な手札交換では効果発動できないため扱いにくい。
 能動的に使うには《暗黒界の導師 セルリ》効果が必須だろう。
 少々使いにくいが、《闇の取引》《リグラス・リーパー》《メタモルポット》《強制転移》を使う事でも効果発動できる。

 この特殊召喚をした時には、相手フィールドモンスター魔法・罠カードどちらか全てを破壊する誘発効果も追加される。
 しかし、《暗黒界の武神 ゴルド》でもカードの種類を問わずフィールドのカードを2枚破壊できるので、それで十分な場合も多い。

 このカードが真価を発揮するのは、相手フィールドモンスター魔法・罠カードのどちらかが3枚以上存在し、かつそれら全てが脅威となる状況だろう。
 ピンチを大逆転しうる性能とは言えるが、そもそもそのような苦境を招く原因がこのカード自身となる可能性も否めない。
 また、仮に特殊召喚したとしても、最上級モンスターとしては低い攻撃力のため、《暗黒界の龍神 グラファ》よりも使いづらい点も多い。
 【暗黒界】相手ならば効果発動しやすいため、《暗黒界の武神 ゴルド》《暗黒界の軍神 シルバ》に次ぎ【暗黒界】メタとして投入されることがある。

  • カード名の由来は、「虹色」を意味する「レインボー(Rainbow)」だろう。
    全身に鈍い虹色の光沢があるが、《暗黒界の武神 ゴルド》《暗黒界の軍神 シルバ》の様にカードの至る所が虹色に輝くということはない。
    英語名の「Reign-Beaux」は「Rainbow」と同じ発音の語呂で選んだものと思われる。
    ちなみに「Reign」は英語で「支配」、「Beaux」はフランス語で「美しい」という意味である。
  • 《邪心教典》で「邪心教義」カード1枚を墓地へ送る度に仲間1人が犠牲になる状況であったため、このカード特殊召喚される過程で万丈目・明日香・吹雪・剣山の4人が犠牲となった。
    この理由故に十代はこのモンスターに激しい怒りをぶつけており、「生かしておくかぁ!」「絶対に許さねぇ!」など普段の彼とは程遠い台詞を浴びせられている。
    (この時十代の両目の色が後の覇王十代における金色に変化している。)
    この激しい怒りは一連の騒動が解決した後も完全には消えなかったようであり、後にミスターTがこのモンスターを使用した時も多少反応を見せている。
  • 特定のデュエリストが主人公から憎まれるという事はあっても、特定のモンスターがここまで主人公に憎まれるというのは他に例がない。
    特に、《E・HERO ネオス》相打ちになった直後に十代は速攻魔法《鎮魂の決闘》で両者を蘇生させ、再び相打ちを狙おうとしている。
    《暗黒界に続く結界通路》の制約により、《E・HERO ネオス》のみが蘇生された事で結果的にエンドカードとなったが、劇中描写からすると十代はその事を知らなったようである。
    つまり、手札1枚を無駄に消費する完全に無意味なプレイングを行うつもりであり、それだけ激しい怒りが伝わるシーンでもある(この時の「ぶっ倒しても!ぶっ倒しても!!ぶっ倒しても!!!」は特に印象的な台詞である)。

関連カード

―このカード発動条件が同じモンスター

―《暗黒界の魔神 レイン》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:このカード破壊効果相手モンスターまたは魔法・罠カードのどちらの種類のカード破壊するか選択するタイミングはいつになりますか?
A:効果処理時に選択します。(11/03/13)


Tag: 《暗黒界の魔神 レイン》 モンスター 効果モンスター 星7 闇属性 悪魔族 攻2500 守1800 暗黒界

広告