暗黒魔族(あんこくまぞく)ギルファー・デーモン/Archfiend of Gilfer》

効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻2200/守2500
(1):このカードが墓地へ送られた時、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
墓地のこのカードを攻撃力500ダウンの装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。

 週刊少年ジャンプ(2001年11号) 付属カードで登場した闇属性悪魔族上級モンスター
 自身が墓地へ送られた時に、モンスター弱体化装備カードとなる任意発動誘発効果を持つ。

 発動条件は「墓地へ送られた時」と緩く、どの場所から墓地へ送られた時でも効果発動する。
 墓地へ送る手段としては、手札フィールドよりも《終末の騎士》《悪魔の嘆き》等でデッキから直接墓地へ送る方が損失は少なく、意図したタイミングで発動しやすい。
 装備カードとなった状態で墓地へ送られた場合でも、再度モンスターに装備できるので、繰り返し使用できる。

 ただし、「時」の任意効果なのでコスト墓地へ送られたり、《手札抹殺》等の墓地へ送られた後に他の処理が入るカードの場合はタイミングを逃すことになる。
 《天刑王 ブラック・ハイランダー》《スクラップ・ドラゴン》は、このカードタイミングを逃す事がないため、相性が良い。
 バウンスすれば効果解決時手札を捨てるカードの候補として使いまわすことも可能。

 「デーモン」と名のついたモンスターなので、デーモンサポートカードの恩恵を受けられる。
 装備カードの状態でも《堕落》発動条件も満たす事が可能であり、《デーモンの雄叫び》蘇生すればモンスター効果の再利用を兼ねる事ができる。
 ただし、このカード装備カードとして破壊されても《万魔殿−悪魔の巣窟−》効果発動しない点には注意したい。

 変わった所では《パワー・ツール・ドラゴン》装備カードとする事で、破壊耐性を付け続ける事ができる。
 弱体化は他の装備魔法を使う事で補えるため、それなりに有効な戦術である。
 ただし、タイミングを逃す弱点は解消できないのでうまくプレイングで補いたい。

  • 「マスターガイド」では「Vジャンプに付属」と誤植されている。
  • 文庫版ではミスなのか1コマだけレベル7になっている。
  • 遊戯王Rでは「闇遊戯vsマイコ・カトウ」戦にて闇遊戯が使用。
    通常魔法《地獄の烈火炎》とのコンボフィールド魔法《深き森》を破壊した。
    その時の《地獄の烈火炎》による効果名は「ブースデッド・ヘル・フレイム」。
  • コナミのゲーム作品において―
    DM7〜8では「自身を墓地へ送り、相手フィールド上に存在するモンスターすべての攻撃力守備力を500ダウンさせる」という効果を持っていた。
    フォルスバウンドキングダムでは3Dモデルが作られて登場している。
    超必殺技名は「ギルファー・ソウル」。

関連カード

モンスターに装備して弱体化させるモンスター

―《暗黒魔族ギルファー・デーモン》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:装備カード扱い中に破壊された時でも効果発動する事はできますか?
A:はい、できます。
  相手ターン中でもダメージステップ中でも、タイミングを逃す場合を除いて使えます。
  誘発効果ですので、他に誘発する効果がある場合はそれと同時にチェーンを組み処理します。
  チェーンを組む順は、「強制で誘発する効果」の次です。

Q:装備カードとなった場合は魔法&罠カードゾーンに置かれますが、どのような扱いになりますか?
A:「装備魔法」扱いになります。

Q:《スキルドレイン》適用中に《暗黒魔族ギルファー・デーモン》が墓地へ送られた時、《暗黒魔族ギルファー・デーモン》を装備カード扱いとしてフィールド上のモンスターに装備する事はできますか。
A:墓地効果発動するため可能です。
  「攻撃力500ポイントダウン」の効果も上記のとおり装備魔法扱いとなるので適用されます。

Q:《おろかな埋葬》墓地へ送った場合、効果発動しますか?
A:発動します。


Tag: 《暗黒魔族ギルファー・デーモン》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 悪魔族 攻2200 守2500 デーモン

広告