暗躍(あんやく)のドルイド・ドリュース/Secret Sect Druid Dru》

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1800/守   0
このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地から「暗躍のドルイド・ドリュース」以外の
攻撃力または守備力が0の闇属性・レベル4モンスター1体を選択して
表側守備表示で特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
「暗躍のドルイド・ドリュース」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 SHADOW SPECTERSで登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 召喚に成功した時に攻撃力守備力が0の闇属性レベルモンスター蘇生する誘発効果を持つ。

 類似する効果を持つカードとして《カメンレオン》が存在する。
 該当モンスターは少なめだが、こちらはレベル4・闇属性攻撃力0ならば守備力を有するものも蘇生できる。
 また、あちらと違い召喚条件特殊召喚の制限はないため、大量にモンスターを展開しやすい。

 闇属性守備力0なため、《終末の騎士》《悪夢再び》でのサルベージや、《闇の誘惑》での手札交換に利用できる。
 《忍び寄る闇》にも対応しているが、コスト重いので、同じく闇属性エクシーズ召喚に長けた《召喚僧サモンプリースト》と組合せたい。

 蘇生したモンスターと併せ、闇属性縛りを持つ《ヴェルズ・ナイトメア》《ヴェルズ・タナトス》《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》エクシーズ召喚できる。
 魔法使い族《シャドール・ドラゴン》などを蘇生させれば《Emトラピーズ・マジシャン》を出せ、難しいがエクシーズ素材をもう1体用意できれば《アルケミック・マジシャン》を狙える。

 《BF−精鋭のゼピュロス》自己再生させる事で、このカードの再利用と闇属性縛りエクシーズ召喚を行う事が可能である。
 《A・ジェネクス・バードマン》と組み合わせれば、このカードの再利用とシンクロ召喚を狙うこともできる。
 また、《カオス・インフィニティ》とは非常に相性がよく、蘇生したモンスター攻撃表示に変更する事で、3体での攻撃宣言が可能になり、攻撃できなくともエクシーズ召喚につながる。
 《機皇兵ワイゼル・アイン》《ジャイアント・オーク》は、このカード蘇生でき、《カオス・インフィニティ》との相性もよいため、併せて採用するのも手である。

 【アンブラル】レベル4・闇属性守備力0のモンスターを多く有するため相性がよい。
 アンブラル以外のモンスターサポートカードも共有しやすいため、無理のない採用が可能である。
 【暗黒界】《暗黒界の術師 スノウ》【デーモン】《デーモンの騎兵》などの、デッキキーカード蘇生対象だが、他に対応するモンスターは少ないため採用枚数は調整したい。

  • ドルイドについては《ライトロード・ドルイド オルクス》参照。
    「ドリュース」は、古代ギリシャ語でオーク(カシやナラの木)を表す。
    ドルイド達はヤドリギの寄生したオークを聖木として崇め、その下で祭祀を執り行ったとされる。
    また、「ドルイド」という単語自体も「オークの賢者」を意味する。

関連カード

蘇生可能なモンスター

攻撃力守備力

攻撃力

 ※以下は蘇生制限を満たす必要あり

守備力

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《暗躍のドルイド・ドリュース》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 魔法使い族 攻1800 守0

広告