異次元(いじげん)エスパー・スター・ロビン/D.D. Esper Star Sparrow》

効果モンスター
星10/光属性/戦士族/攻3000/守1500
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
他の自分のモンスターを相手はカードの効果の対象にできず、
攻撃対象にもできない。
また、このカードが墓地に存在する場合、
相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
このカードを墓地から表側守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、
フィールド上から離れた場合ゲームから除外される。
「異次元エスパー・スター・ロビン」はフィールド上に
1体しか表側表示で存在できない。

 DUEL TERMINAL −破滅の邪龍 ウロボロス!!−で登場した光属性戦士族最上級モンスター
 相手攻撃対象効果対象を制限する永続効果と、自身を墓地から特殊召喚する誘発効果を持つ。

 最上級モンスターであるため召喚するには《フォトン・サンクチュアリ》等のサポートで、ディスアドバンテージを軽減する措置が必要となる。
 基本的に後半の蘇生効果を使うことを前提にすべきだが、何らかの方法で墓地へ送る必要があるので、下準備代わりにアドバンス召喚するのも手ではある。

 攻撃対象効果の対象を制限する効果《闇の侯爵ベリアル》と類似しているがモンスター効果も制限できる。
 こちらは攻撃力がより高く、攻撃対象制限の影響がより強い。
 ただし、対象をとらない効果で他のモンスターを狙われる可能性はある他、このカード自身には対象を取る効果への耐性はない。
 《No.11 ビッグ・アイ》などでこのカードを奪われると危険であり、フォローは必須。
 《安全地帯》との併用で、戦闘対象を取る効果に関して全てのモンスターに間接的な耐性を与えられる。

 直接攻撃時に蘇生する効果は、守備表示でしか特殊召喚できない為、1回の直接攻撃を防げるものの、そのまま戦闘破壊されやすい。
 攻撃力1500以下のモンスター攻撃した時に発動すれば戦闘破壊されず、次のターン再び攻撃に参加できるが、墓地公開情報の為、狙いにくい。
 だが、基本的に相手はこのカード墓地にある時、攻撃力1500以下のモンスター直接攻撃ができないという事になる。
 フィールドへの維持を狙うなら《聖なるバリア −ミラーフォース−》《月の書》《速攻のかかし》等の攻撃を妨害するカード相手モンスター直接攻撃宣言時にこのカードの効果チェーンして使いたい。
 《重力解除》《ガムシャラ》表示形式を変えるのも良いだろう。
 また、フィールドから離れる除外されるため、《D・D・R》等の回収手段を用意したり、エクシーズ素材にしてしまうのも一考の余地がある。
 《王宮の鉄壁》を使った場合、直接攻撃を全て防ぐことが可能になる。

 結果的には1体しか特殊召喚できないものの複数体の効果発動することは可能。
 チェーン2以降で特殊召喚されるので《奈落の落とし穴》等を回避できるようになる。

  • 本人が超能力者で、仲間が黒豹怪鳥巨大ロボットであることから、元ネタは横山光輝の漫画『バビル2世』だと思われる。
  • 「風也vsゴーシュ」戦での字幕では、攻撃名は「ビックリパーンチ」と表示されていた。
    ビックリ・パンチともビック・リパンチともとれる攻撃名である。
  • アニメではレアリティウルトラレアで、以下のテキストだった。
    フィールド上に存在するモンスター1体に攻撃してきた時、
    墓地に存在するこのカードを除外する事で効果を発動する。
    相手の攻撃を直接攻撃にする。

関連カード

―《異次元エスパー・スター・ロビン》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果発動チェーンして《タスケナイト》効果チェーンして発動することはできますか?
  また、その逆の順番でチェーンを組むことはできますか?
A:《異次元エスパー・スター・ロビン》と《タスケナイト》を同一チェーン上で効果発動する事ができます。
  また、どちらからチェーンを組む事もできます。(13/04/22)

Q:自分フィールド上にこのカードが存在する時に相手自分墓地除外された所に存在するモンスターカードの効果対象にする事ができますか?
A:《異次元エスパー・スター・ロビン》が存在する場合でも、相手墓地除外された自分カード対象カード発動する事ができます。(13/04/22)


Tag: 《異次元エスパー・スター・ロビン》 効果モンスター モンスター 星10 光属性 戦士族 攻3000 守1500

広告