一族(いちぞく)結集(けっしゅう)/Super Team Buddy Force Unite!》

通常罠
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと元々のカード名が異なり、
元々の種族が同じモンスター1体を自分の手札・墓地から選んで特殊召喚する。
(2):魔法&罠ゾーンのこのカードが相手によって破壊された場合に発動できる。
デッキから「一族の結集」1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。

 EXTRA PACK 2018で登場した通常罠
 フィールド表側表示モンスターと同じ種族カード名が異なるモンスター特殊召喚する効果相手によって破壊された場合に同名カードセットする効果を持つ。

 (1)の効果は、対象モンスターと同じ種族モンスター自分手札又は墓地から特殊召喚できる効果
 種族が統一されているカテゴリは多くそういったデッキなら扱いやすいが、対象モンスター除去されてしまうと不発となるリスクがある。
 墓地からの特殊召喚ならば《戦線復帰》《リビングデッドの呼び声》で十分な場合も多く、手札からの特殊召喚も自力で特殊召喚できるモンスターを用いたほうがカード・アドバンテージの面で優れる。
 こちらは《戦線復帰》に比べて蘇生時の表示形式を固定しておらず攻撃表示での蘇生が可能となっている。
 特に《戦線復帰》では蘇生できないリンクモンスター蘇生できるのは優位点となる。
 もっとも、リンクモンスター蘇生するならば発動条件のない《リビングデッドの呼び声》の方が扱いやすい。

 (2)は、相手によって破壊された場合に同名カードセットする効果
 相手依存であり能動的に狙うのは難しい。
 このカード破壊する効果チェーンして(1)の効果発動できればアドバンテージが稼げる。

 (1)の効果だけならば他のカードで代用の利くテーマデッキは少なくないが、カテゴリ外の最上級モンスターなどは手札墓地両面のサポートを織り込むと枠を食いがちになる。
 そうしたモンスターが軸のデッキで、(2)の効果も誘いやすいような構築でこそ価値の高まるカードだろう。

 《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》《悪魔嬢リリス》を併用すれば、自分ターン《悪魔嬢リリス》効果でこのカードセットしつつ、エンドフェイズ特殊召喚されるシャドウトークン対象《悪魔嬢リリス》蘇生できる。
 この場合、《戦線復帰》に比べて《ハーピィの羽根帚》に強く、《悪魔嬢リリス》の低守備力を晒さずにすむ。
 自分フィールドが空でも、相手フィールドシャドウトークンを参照して悪魔族特殊召喚することもでき、発動しやすい。

関連カード

−類似カード名

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《一族の結集》 通常罠

広告