雲魔物(クラウディアン)−アイ・オブ・ザ・タイフーン/Cloudian - Eye of the Typhoon》

効果モンスター
星8/風属性/水族/攻3000/守1000
このカードは戦闘によっては破壊されない。
このカードが表側守備表示でフィールド上に存在する場合、このカードを破壊する。
このカードの攻撃宣言時、「雲魔物」と名のついたカード以外の
全ての表側表示モンスターの表示形式を変更する。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した風属性水族最上級モンスター
 雲魔物の1体であり、戦闘破壊されない永続効果自壊する永続効果雲魔物以外の表側表示モンスター表示形式を変更する誘発効果を持つ。

 他の雲魔物と同様の戦闘破壊耐性を持つが、攻撃力は十分高いので役立つ機会は少ない。
 《オネスト》に突破されないというメリットはある。
 表示形式変更効果モンスターに有効である一方、裏側表示モンスター表示形式は変更できない。
 また、自分モンスターにも影響が及ぶ上に強制効果なので、こちらの一斉攻撃を阻害してしまう事もある。
 予め他のモンスター表示形式を変更しておくか、攻撃の順序を調整するなどして被害を防ぎたい。

 この効果《断頭台の惨劇》発動しやすく、相手フィールド上のモンスター表側攻撃表示裏側守備表示だけならば全滅する。
 《ブレードラビット》《ドリーム・ピエロ》《マーダーサーカス》《極星獣タングニョースト》ディフォーマー等との連携も考えられる。
 ただし、これらのモンスターと相性の良い《重力解除》を使うと自壊してしまう。

 属性種族が他の雲魔物と異なり、フォッグカウンターに関する効果も持たないため、【雲魔物】では採用されにくい。
 むしろこのカードは、【アドバンス召喚】のような最上級モンスターを主軸に据えたデッキで輝くと言える。
 上級モンスターサポートの《進撃の帝王》《ハードアームドラゴン》があれば戦闘でも効果でも破壊されなくなり、守備表示になった時の自壊も打ち消せる。
 攻撃力2400以上で守備力1000のため《ダーク・アドバンス》帝王にも対応し、同じく最上級モンスター帝王に対応する《始祖神鳥シムルグ》がいればリリース1体で出せるようになる。

 そのほか、【水族】でならば《一族の結束》の恩恵を受けやすく、アクアリウムによる蘇生も可能。
 また、《ジェムナイト・アメジス》融合素材にもでき、《ブリリアント・フュージョン》で直接デッキから墓地へ送ることも可能である。
 もっとも水族自体は水属性が多く、属性サポートは共有しにくい。

  • 名前の由来はその名の通り「台風の目(eye of the typhoon)」だろう。
  • OCGでは全体的に青っぽい色だが、アニメでは台風の黒雲のような色合いをしていた。
    アニメでの効果は以下の通りであり、OCGとはかなり異なっている。
    エンドフェイズ毎にこのカードの攻撃力は500ポイントダウンする。
    このカードが攻撃する時、このカード以外の全てのモンスターは表示形式を変更する。
  • アニメ5D's公式サイトのデュエルワンポイントレッスンにおいて、水族代表としてアニメ版のカードが掲載されている。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE23では、このモンスター召喚攻撃時にムービーが流れるが、ポリゴンはアニメ版と同じ黒雲のような色合いとなっている。
    WCSシリーズにも同様のムービーが存在するが、こちらのポリゴンはOCG版の青い体色となっている。

関連カード

―《雲魔物−アイ・オブ・ザ・タイフーン》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:セットされたこのカード攻撃力1000未満のモンスター攻撃された場合どうなりますか?
A:攻撃を受け表側守備表示になるとダメージ計算後に破壊されます。
  相手は既に攻撃を行った(ダメージステップに入った)為、戦闘巻き戻しは有りません。


Tag: 《雲魔物−アイ・オブ・ザ・タイフーン》 効果モンスター モンスター 星8 風属性 水族 攻3000 守1000 雲魔物

広告