焔征竜(えんせいりゅう)−ブラスター/Blaster, Dragon Ruler of Infernos》

効果モンスター(禁止カード)
星7/炎属性/ドラゴン族/攻2800/守1800
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族
または炎属性のモンスターを合計2体除外して発動できる。
このカードを手札・墓地から特殊召喚する。
特殊召喚したこのカードは相手のエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
また、このカードと炎属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で、
フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。
このカードが除外された場合、
デッキからドラゴン族・炎属性モンスター1体を手札に加える事ができる。
「焔征竜−ブラスター」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 LORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した炎属性ドラゴン族最上級モンスター
 征竜最上級モンスター共通の効果と、手札から自身と炎属性モンスター墓地へ捨てる事でフィールド上のカード破壊する起動効果を持つ。

 レベル7の征竜の共通効果に関しては征竜を参照。
 このカードは他の征竜よりも攻撃力が高く、相手の強力なモンスターを処理する打点要員、フィニッシャー等としても活躍が期待できる。

 除去効果は基本的に2:1交換にしかならないが、破壊対象のカードの種類持ち主表示形式を問わず、後の自己再生サーチに繋げやすくなることまで考えれば、そこまで悪くはない。
 手札腐っている炎属性モンスターコストとして利用できれば理想的である。
 炎属性には《真炎の爆発》《炎王炎環》《熱血獣士ウルフバーク》等、実戦級の墓地利用カードが数多く揃っているため、それらに繋げればディスアドバンテージも容易に回復できる。
 《ヴォルカニック・バレット》とは相性が良く、破壊効果を使うために手札から捨てた場合でもすぐにアドバンテージを回復し、次のターン特殊召喚するためのコストとして除外できる。

 除外された場合、炎属性ドラゴン族モンスター手札加える効果も持つ。
 炎属性ドラゴン族の中では、リクルーター《仮面竜》サーチャー《ドレッド・ドラゴン》が比較的優秀な効果を持っている。
 【征竜】の場合は、各征竜との併用でレベル8のシンクロモンスターシンクロ召喚できる《ガード・オブ・フレムベル》が候補となる。
 制限カードになる前は同名カードサーチして次のターン効果を利用する事もできた。
 能動的に除外するには、《封印の黄金櫃》《七星の宝刀》《炎の精霊 イフリート》等を使うと良いだろう。
 他の征竜効果除外する手もある。

  • 「ブラスター(Blaster)」は英語で「発破工」を意味する。
    「発破工」は火薬類を用いて建造物を破壊したり、山を切り崩したりする人の事で効果をよく表した名前と言える。

関連カード

―《焔征竜−ブラスター》の姿が見られるカード

サーチ可能な炎属性ドラゴン族モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

征竜の共通効果については征竜を参照。

Q:除去効果フィールドモンスター1体を対象にとりますか?
A:はい、取ります。(13/02/18)


Tag: 《焔征竜−ブラスター》 効果モンスター モンスター 星7 炎属性 ドラゴン族 攻2800 守1800

広告