化合電界(スパーク・フィールド)/Catalyst Field》

フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分はレベル5以上のデュアルモンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。
この効果は1ターンに1度しか適用できない。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにデュアルモンスター1体を召喚できる。
(3):1ターンに1度、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
自分フィールドのもう1度召喚された状態のデュアルモンスター1体を
相手エンドフェイズまで除外し、対象のカードを破壊する。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場したフィールド魔法
 デュアルリリースを減らす効果デュアルを追加召喚できる効果再度召喚したデュアル一定期間だけ除外して相手フィールドのカード破壊する効果を持つ。

 (1)と(2)の効果デュアルモンスター召喚サポート
 (1)の効果手札デュアルモンスターリリースなしで召喚でき、(2)の効果再度召喚状態にできる。

 あくまで召喚なので手札消費は嵩むものの、デュアルモンスター《闇の量産工場》《補充要員》手札に回収しやすい。
 これらのサポートを利用すれば次々にモンスター召喚できる。

 再度召喚状態を狙うだけでなく、デュアルモンスターを含めた2体のモンスターを展開し、エクシーズ召喚リンク召喚に繋ぐことも可能。
 1度だけだがリリースが不要のため、《超化合獣メタン・ハイド》のような高ランクエクシーズモンスターもある程度エクシーズ召喚サポートできる。
 レベル5以上のデュアルモンスターが多い【真紅眼の黒竜】でもリリース軽減効果を活用できる。

 再度召喚したデュアルモンスター効果で素材のモンスター特殊召喚する事でも、シンクロ召喚エクシーズ召喚リンク召喚に繋げられる。
 《ギガプラント》《地獄の門番イル・ブラッド》《魔族召喚師》ならランク6のエクシーズモンスターエクシーズ召喚できる。
 植物族昆虫族アンデット族悪魔族チューナーも豊富なのでシンクロ召喚の選択肢も広い。
 全てレベル2のチューナーが存在するため、この3体はいずれもデュアル専用シンクロモンスター《ブラック・ブルドラゴ》に繋げることができる。
 他には《エヴォルテクター エヴェック》《化合獣オキシン・オックス》《化合獣ハイドロン・ホーク》特殊召喚効果を持つ。
 《デュアル・ソルジャー》《ナチュラル・ボーン・サウルス》《エーリアン・ヒュプノ》も他の条件が必要だが、モンスターを増やすことができる。

 (3)の効果デュアルモンスターを使った除去
 発動には再度召喚した状態のデュアルモンスターが必要なものの、それは(1)・(2)の効果で簡単に用意できる。
 一定期間だけ除外したデュアルモンスター相手エンドフェイズに戻るので、次のターンそのモンスターを使ってまた除去が狙える。
 ただし帰還したデュアルモンスター再度召喚する前の状態に戻るので、それが実質的なコストになる。
 再度召喚状態にできる《超合魔獣ラプテノス》がいればノーコストとなる。
 とはいえ、(2)の効果再度召喚ができるので、そちらの召喚権を消費すれば問題無く、このカード全体で見ればノーコストと言える。

 状態がリセットされることを利用して、1度しか効果を使えない《ダーク・ヴァルキリア》を毎ターン破壊効果を使えるようにできる。
 その他、《思い出のブランコ》蘇生再度召喚したデュアルモンスター一時的に除外し、自壊デメリットを回避することも可能。
 除去されたくない大事なデュアルモンスターを、相手ターンの間避難させる用途も考えられる。

  • 英語名の「Catalyst/カタリスト」は「触媒(しょくばい)」を意味する。
    「触媒」とは「化学反応で、それ自身では変化せずに他の物質の反応速度に影響する働きをする物質」である。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《化合電界》 魔法 フィールド魔法

広告