化合電界(スパーク・フィールド)/Catalyst Field》

フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分はレベル5以上のデュアルモンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。
この効果は1ターンに1度しか適用できない。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにデュアルモンスター1体を召喚できる。
(3):1ターンに1度、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
自分フィールドのもう1度召喚した状態のデュアルモンスター1体を
相手のエンドフェイズまで除外し、対象のカードを破壊する。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場したフィールド魔法
 デュアルリリースを減らす効果デュアルを追加召喚できる効果再度召喚したデュアルを一時的に除外して相手フィールドのカード破壊する効果を持つ。

 (1)と(2)の効果デュアルモンスター召喚サポート
 (1)の効果手札デュアルモンスターリリースなしで召喚でき、(2)の効果再度召喚状態にできる。

 再度召喚状態を狙うだけでなく、同じレベルデュアルモンスターを2体展開し、エクシーズ召喚に繋ぐことも可能。
 《ギガプラント》再度召喚状態にして、その効果レベルモンスター《ローンファイア・ブロッサム》蘇生すればエクシーズ召喚に繋げられる。
 《コピー・プラント》なら《アルティマヤ・ツィオルキン》にもつながる。
 デュアル上級最上級モンスターが多い【真紅眼の黒竜】でもリリース軽減として採用でき、エクシーズ召喚補助も行いやすい。

 (3)の効果デュアルモンスターを使った除去
 発動には再度召喚した状態のデュアルモンスターが必要なものの、それは(1)・(2)の効果で簡単に用意できる。
 除外したデュアルモンスター相手エンドフェイズに戻るので、次のターンそのモンスターを使ってまた除去が狙える。
 ただし帰還したデュアルモンスター再度召喚する前の状態に戻って再度召喚する必要が出てくるので、《超合魔獣ラプテノス》がいない限り完全なノーコストとまではいかない。
 とはいえ、(2)の効果再度召喚ができるので、そちらの召喚権を消費すれば《超合魔獣ラプテノス》がいなくてもカバーはできる。
 これを利用して、本来ならカードの性質上再度召喚後1度しか効果を使えない《ダーク・ヴァルキリア》は毎ターン破壊効果を使えるようになる。
 その他、《思い出のブランコ》蘇生再度召喚したデュアルを一時的に除外し、自壊デメリットを回避する用途にも使用できる。

  • 英語名の「Catalyst」は触媒を意味する。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《化合電界》 魔法 フィールド魔法

広告