完全燃焼(バーンアウト)/Burnout》

通常罠
「完全燃焼」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの表側表示の「化合獣」モンスター1体を除外して発動できる。
デッキから「化合獣」モンスター2体を特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
(2):相手モンスターの直接攻撃宣言時に、墓地のこのカードを除外し、
除外されている自分のデュアルモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはもう1度召喚された状態として扱う。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した通常罠
 フィールド化合獣コストとして除外し、化合獣を2体リクルートする効果デュアルモンスター1体を再度召喚した状態で帰還させる効果を持つ。

 (1)の効果化合獣リクルート
 2:2交換であり、リクルートした化合獣2体でのエクシーズ召喚も行える。
 《化合電界》《超合魔獣ラプテノス》で2体とも再度召喚させ、効果を利用することも可能。
 バトルフェイズ中に攻撃を終えたデュアルモンスター除外して、リクルートした化合獣2体で追撃もできる。

 (2)は再度召喚された状態でデュアルモンスター帰還させる効果
 (1)の効果の他、《進化合獣ダイオーキシン》《化合電界》《龍の鏡》等と併用すれば無理なく用意できる。
 しかし、この効果発動できるのは相手直接攻撃時であり、帰還させたモンスター攻撃を受けねばならない。
 公開情報墓地から発動する事になるため、奇襲性は無く、あくまで牽制となる。
 帰還したモンスター戦闘破壊できないとわかっていて攻撃してくるとは考えにくく、ステータスの上回るモンスター攻撃されやすい。
 直接攻撃を1〜2度防ぎながら1枚分墓地を肥やす効果と見るのが基本となる。
 《デュアル・ソルジャー》《進化合獣ヒュードラゴン》などとして使えるモンスター除外しておけば、攻撃を強く牽制できる。
 相手ライフが少ない状況なら《マジック・スライム》も大きくプレッシャーを与え、攻撃力の高いモンスター攻撃にも対応できる。

 帰還したモンスター再度召喚効果を活用したい場合は、他の攻撃妨害手段も併用したい。
 《ダックドロッパー》再度召喚された状態であれば相手攻撃直接攻撃になるため、帰還させたモンスター戦闘破壊されることもなく、発動条件も満たし易い。

  • 化学における「完全燃焼」とは、酸素が十分にある状態で燃え尽きることを指す。
    酸素が不足していた場合は「不完全燃焼」となる。
    一方で、「バーンアウト(Burn Out)」は英語で焼き尽くすことを意味する熟語である。
    ちなみに、大きな目標を成し遂げてしまったスポーツ選手や受験生などが、打ち込むものがなくなり虚無感や鬱状態に陥ってしまう、いわゆる「燃え尽き症候群」も「バーンアウト」と呼ばれる。
    また、ドラッグレースを行う際、タイヤを温めてグリップ力を得るためレース前にその場でタイヤを空転させることも「バーンアウト」という。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《完全燃焼》 通常罠

広告