寄生体(きせいたい)ダニー/Parasitic Ticky》

効果モンスター
星1/地属性/昆虫族/攻   ?/守   ?
このカードの攻撃力・守備力は、
フィールド上のトークンの数×500ポイントの数値になる。

 SHADOW OF INFINITYで登場した地属性昆虫族下級モンスター
 トークンの数に比例して自己強化する永続効果を持つ。

 トークンの数に応じて自己強化するが、自身はトークン特殊召喚する効果がなくステータスも?であるため、単体では完全に腐る。
 自分フィールドを全てトークンで埋めても最大で2000と下級アタッカー程度にしかならない。
 リンクモンスターには素材1体あたり500以上の攻撃力を持つものも多く、そちらに使用した方が断然有意義である。
 相手フィールドトークンを展開すればさらに上昇するが、トークンに限らず基本ステータスが勝り貫通能力まで備える《逆ギレパンダ》の方が圧倒的に使いやすい。
 そうでなくてもリンク召喚が存在する現在、トークンを送りつけるのは危険極まりない。
 それだけの手間とリスクの割に最大攻撃力4500では適当なモンスター《団結の力》を使うのと大差なく、リスクとリターンが釣り合っていない。

 相性のいいのは1枚で自分相手両方のフィールドトークンを大量展開できるカードだが、それらのトークンステータスの低い同名のものが多い。
 トークンステータスが低いと、このカード1体だけ攻撃力を上げても埋まったモンスターカードゾーンの割に総攻撃力が低くなってしまい、戦略としての旨みがない。
 また同名であれば《ヘル・アライアンス》に上昇率で劣る。
 またそれらのトークン守備表示の場合が多く、その場合は直接攻撃トークンに阻まれるため、直接攻撃を付与するカードなどを引き当てなければせっかく上げた攻撃力も意味が薄れてしまう。

 その上トークンフィールドを離れるとステータスが下がってしまうため、最大値を維持するのは不可能に近い。
 維持するには自分フィールドトークン戦闘破壊から守りつつ相手にはトークンを素材とした特殊召喚を封じた上で相手フィールド上のトークン戦闘破壊しない方法で相手ライフポイントを削る必要がある。
 無論、ここまで完璧な制圧が行えるなら他の方法でもっと簡単に勝利できるだろう。

  • ダニはクモ網ダニ目の節足動物の総称で、動植物に寄生する生物。
    総じて小さく、1mm以下のものがほとんどで大きくても1cmくらい。
    全世界で約二万種、日本だけでも約二千種も存在する。
    日本では「動物の血を吸う」イメージが強く、不快なイメージを抱く人は多いだろう。
    海外では(簡単に言うと)「不快に感じる有害なダニ」と「それ以外の普通のダニ」の2つに分けられているようである。

関連カード

収録パック等


Tag: 《寄生体ダニー》 効果モンスター モンスター 星1 地属性 昆虫族 攻? 守?

広告