機械王(きかいおう)/Machine King》

効果モンスター
星6/地属性/機械族/攻2200/守2000
フィールド上に表側表示で存在する機械族モンスター1体につき、
このカードの攻撃力は100ポイントアップする。

 BOOSTER5で登場した地属性機械族上級モンスター
 フィールド上の機械族の数を参照し、自身の攻撃力強化する永続効果を持つ。

 このカード自身も機械族なので実質的な攻撃力は2300であり、これは第1期の上級モンスターでは《デーモンの召喚》に次ぐ数値である。
 このカードを含め、3体以上の機械族フィールド上に存在していれば、上級アタッカーとして十分な攻撃力を得ることができる。
 しかしそれ以外のモンスター効果は持っていないため、現在では上級モンスターとしては心許ない性能であると言わざるを得ない。

  • アニメGXでは佐藤先生がプロデュエリスト時代を回想するシーンで登場し、《魔界の機械兵》ともども佐藤先生のモンスターに倒された。
    また異世界編においては、覇王軍のモンスターの1体として登場している。
  • アニメ5D'sではカップラーメンマン(クロウ)に敗北した男が持っていた。
  • コナミのゲーム作品において―
    DM4までのGBのDMシリーズでは効果を持たないモンスターとして登場し、オリジナルのテキストが存在する。
    「両腕からファイヤーブラストを放射する超合金ロボット」と書かれており、攻撃方法に合わせて召喚魔族も「炎魔族」に設定されている。
    なお初出はこちら(DM2)だが、OCGのものとは頭部のデザインが大きく異なり、頭頂部は王冠のような形状で、《機械の兵隊》同様二つの眼を持つ。
    ちなみに「ファイヤーブラスト」は、アニメ版における《ファイヤーソーサラー》と同じ攻撃名でもある。
  • フォルスバウンドキングダムでの攻撃名は「キカイオー・ブラスター」、味方モンスター攻撃力を上げる超必殺技名は「キカイオー・コマンドフォース」。
    まるでロボットアニメで見られるような横文字になっている。
  • 真DMでは、守護星が火星の時には両腕を飛ばして攻撃し、守護星が太陽の時は胸部に装備されたビーム砲で攻撃する。
    つまりフレイバー・テキストに書かれている「両腕からファイヤーブラストを放射する」攻撃は見ることができない。
  • 真DM2では、何故かOCGのものとは異なるゲームオリジナルのイラストが使用されている。(真DMではOCGのものと全く同じだった)
    基本的なデザインこそ同じだが、かなり重厚なプロポーションになっており、ポリゴンモデルもこちらに準拠したものとなっている。
    なお同ゲームではリバースした時、フィールドに存在する機械族1体につき100ポイント自己強化する効果を持つ。
    また、アニメや前作では見られなかった「両腕からファイヤーブラストを放射する」攻撃を、この作品ではしている。
  • デュエルリンクスでは上記の通りアニメで使用した縁か、キースがこのカードを使用した際に専用ボイスを喋る。

関連カード

―機械王の部下

収録パック等

FAQ

Q:このカードフィールド上に表側表示で存在する場合、このカード対象に含みますか?
A:「このカードを除く」とは表記されていないので、このカード自身も効果対象になります。
  そのため、このカード1体が表側表示フィールドに存在している場合、攻撃力は2300になります。

Q:装備カード扱いとなっている機械族モンスターは、このカードの効果の対象になりますか?
A:装備カード扱いとなっているモンスターは、基本的にはモンスターとは見なされないので効果の対象になりません。


Tag: 《機械王》 効果モンスター モンスター 星6 地属性 機械族 攻2200 守2000

広告