機動要塞(きどうようさい) メタル・ホールド/Metalhold the Moving Blockade》

永続罠
(1):自分フィールドの機械族・レベル4モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
このカードは発動後、効果モンスター(機械族・地属性・星4・攻/守0)となり、
モンスターゾーンに特殊召喚する。
その後、対象の表側表示モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
このカードは罠カードとしても扱う。
(2):このカードの効果で特殊召喚されたこのカードの攻撃力は、
このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力の合計分アップし、
相手は他の自分フィールドのモンスターを攻撃対象にできず、効果の対象にできない。

 劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKで登場した永続罠
 レベル4・機械族装備カードにして特殊召喚する効果攻撃力を上昇させ、攻撃対象効果の対象を制限させる効果を持つ。

 1体を装備カードにした場合は攻撃力は変わらないため、2体以上を対象発動することになる。
 しかし、そこまでしても総攻撃力の合計は変わらず、レベル4が2体以上いる状況なら《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》で十分な場合が多い。
 このカードで得られるのは攻撃対象効果の対象の抑制だが、このカード自体は耐性を持たず、《サイクロン》を使われるだけで多大なディスアドバンテージを負ってしまう。
 また、罠カードとしても扱うタイプの罠モンスターであるため、装備カードにする機械族レベルモンスターと合わせて最低2つの魔法&罠ゾーンを圧迫する。
 複数体装備したい場合は、使用可能な魔法&罠ゾーンの数にも注意したい。

 使うのであればバトルフェイズの追撃が主になるだろう。
 全モンスター攻撃したあと発動すれば単純に倍のダメージを与えられる。
 機械族サポートカードを使ったり、《一族の結束》や一部のユニオンなどと組み合わせるといい。
 特に《リミッター解除》とは相性がよく、あちらの自壊デメリットを消しつつ更に打点を底上げできる。
 《同胞の絆》で展開したガジェット相手ターン装備カードとし、守る手もある。

 ペンデュラム召喚したクリフォートを複数装備すれば、それらの元々の攻撃力の合計を参照して高攻撃力を得られる。
 もっとも、クリフォートペンデュラム効果適用されていると特殊召喚不可能なので、併用する場合はタイミングを考えて使いたい。

 《A−アサルト・コア》などを装備した場合、その効果適用される。(16/06/18)
 《同胞の絆》で展開した《A−アサルト・コア》《B−バスター・ドレイク》《C−クラッシュ・ワイバーン》対象として発動すれば、相手の一切の効果を受けない攻撃力4600のモンスターとなる。
 逆に、《アームズ・エイド》を装備する事自体は可能だが、攻撃力アップ・元々の攻撃力分の効果ダメージを与える効果《アームズ・エイド》自身の効果によって付与される為、装備対象にしても攻撃力1800の能力値上昇しか付与されない。

 装備カードにしているモンスターフィールド離れると、そのモンスター攻撃力分の攻撃力アップが適用されなくなる。
 相手除去をしてくる場合、大抵はこのカード本体を狙ってくるだろうが、《宮廷のしきたり》などと併用する場合は気をつけたい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《機動要塞 メタル・ホールド》 永続罠 罠モンスター(効果) 星4 地属性 機械族 攻0 守0

広告