究極完全態(きゅうきょくかんぜんたい)・グレート・モス/Perfectly Ultimate Great Moth》

効果モンスター
星8/地属性/昆虫族/攻3500/守3000
このカードは通常召喚できない。
「進化の繭」が装備され、自分のターンで数えて6ターン以上が経過した
「プチモス」1体をリリースした場合に特殊召喚する事ができる。

 遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記 付属カードで登場した地属性昆虫族特殊召喚モンスター
 「《進化の繭》が装備され自分ターンで数え6ターン以上経過した《プチモス》」をリリースして特殊召喚できる召喚条件を持つ。

 昆虫族最高のステータスを誇り、《青眼の白龍》等も凌駕する程だが、その召喚条件があまりにも厳しい。
 OCGにおいて、最も正規の方法で特殊召喚するのが難しいモンスターの一つであろう。
 正規の方法については《進化の繭》を参照。

 従って、正規の方法ではなく召喚条件を無視した手段でフィールドに出したい。
 手札からは《寄生虫パラノイド》デッキからは《超進化の繭》で呼び出すのが望ましい。
 《究極変異態・インセクト女王》と並べる事ができればカードの効果にも強固な耐性を得られるので、その高いステータスを存分に発揮できるだろう。
 ただし、このモンスター自体は効果を持たないバニラ同然であり、手札事故の危険性もあるので、それらのカードを採用する【昆虫族】でも投入すべきかはよく考えたい。
 逆に言えば、このカードを活躍させたいのならばそれらのカードの採用は必要不可欠である。

 《ゲート・ガーディアン》《マシンナーズ・フォース》と同様に、特殊召喚を狙わない前提でデッキに採用する手もある。
 《名推理》《モンスターゲート》《魔導雑貨商人》等でまとめて墓地へ送れるため、昆虫族を軸とした【カオスゲート】では《デビルドーザー》《ジャイアントワーム》特殊召喚コストを捻出でき、《カオス・ネクロマンサー》攻撃力強化にも貢献できる。
 《トレード・イン》《軽量化》にも対応しているので手札で完全に腐る事もある程度回避できる。
 同条件に当てはまるモンスターには、このカード以外では《デビルドーザー》《グレート・モス》《ジャベリンビートル》が該当する。
 上記のモンスターと比較すると、攻撃力が高いため《N・アクア・ドルフィン》《N・マリン・ドルフィン》効果手札破壊されづらい点では優位である。

  • OCG化したのは《ラーバモス》《グレート・モス》より早い。
    後に途中の進化形態が登場したためか、ヴァリュアブルブック2では「今後、更に途中の進化形態が登場するかもしれない」と記載されていた。
    しかし、第1期のVol.6を最後に音沙汰がない。
  • 原作・アニメにおいて―
    「決闘者の王国編」の「闇遊戯vsインセクター羽蛾」戦で羽蛾が登場を示唆している。
    だが闇遊戯によって進化が阻まれ、不完全な4段進化の《グレート・モス》で止まったため結局登場しておらず、原作においては最後まで登場しなかった。
    なお、羽蛾は《完全究極態・グレート・モス》と呼んでいたが、何故か次のコマで闇遊戯は「《究極完全態・グレート・モス》!!」と驚いている。
    OCG化の際は闇遊戯の呟きの《究極完全態・グレート・モス》としてカード化された。
  • 米国で制作された『遊戯王カプセルモンスターズ』(Yu-Gi-Oh! Capsule Monsters)にも登場。
    頭部がメロンの形をしたイモムシが金のリンゴを食べたことで、《進化の繭》《グレート・モス》を経て進化し、遊戯たちの前にかなりの強敵として立ちはだかる。
  • アニメARC-V第47話では、オベリスク・フォースと対戦しているLDSユースクラスのデュエリストが使用していたが、《古代の機械双頭猟犬(アンティーク・ギア・ダブルバイト・ハウンドドッグ)》の効果破壊された。
  • アニメGXとアニメARC-Vで登場した際には途中経過が省略されていたため、どのように特殊召喚されたのかは不明である。
    なお、両方とも使用者の手札は0枚で他にフィールドカードも無いという状況であった。
  • 複数のアニメで登場しているが、いずれも相手に簡単に攻略されてしまっており、出すまでの苦労に見合っていないこのカードの性能を暗に示している。
  • コナミのゲーム作品において―
    初期の作品では、カード名が「完全究極態〜」と、「究極」と「完全」が入れ替わっており、正式なカード名と混同して騒ぎになった。
    また、これらの作品にはオリジナルのテキストが存在し、「昆虫族最強のモンスター グレートモスの最終形態だ!」と書かれている。
    英語名は「完全究極態(体)・グレート・モス」となっている。
  • エキスパート2006では、その召喚そのものがチャレンジ問題である。
    その後も扱いは特別で、一部の作品で召喚するとボーナスポイントが貰える、ボーナス項目をコンプリートする上で壁となっているモンスターである。
    ゲーム作品はそれほど特殊召喚が困難ではないので、序盤で達成しておけば後が楽になる。
  • デュエルリンクスでは羽蛾が使用するとカットインが発生する。
    攻撃名は「モス・パーフェクト・ハリケーン」となっており、《グレート・モス》の名前を受け継いだものとなっている。
    アニメとは攻撃名が違うが、原作ではこの名称だったのか、オリジナルなのかは不明。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《究極完全態・グレート・モス》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星8 地属性 昆虫族 攻3500 守3000

広告