鏡像(きょうぞう)のスワンプマン/Swamp Mirrorer》

永続罠
(1):種族と属性を1つずつ宣言して発動できる。
このカードは発動後、宣言した種族・属性を持つ
通常モンスター(星4・攻1800/守1000)となり、
モンスターゾーンに特殊召喚する。
このカードは罠カードとしても扱う。

 EXTRA PACK 2015で登場した永続罠
 宣言した種族属性を持つ罠モンスターとなる効果を持つ。

 ステータスは準アタッカークラスであり、罠モンスターの中でも高め。
 さらに任意の種族属性を選択して特殊召喚できるため、素材指定のあるシンクロモンスターエクシーズモンスターを使用する場合、他の罠モンスターよりも遙かに自由度が高い。
 エクシーズ素材や、非チューナー側のシンクロ素材に特定の種族属性を要求するモンスターの素材として、柔軟な働きをしてくれるだろう。

 そのままこのカードエクシーズ素材とできるランク4のエクシーズモンスターには、エクシーズ素材に指定がある代わり強力な効果を持つものも比較的多く、《電光千鳥》《輝光子パラディオス》などはデッキを選ばずに活躍が期待できる。
 ただし、エクシーズモンスターの場合は素材に指定がある場合、同じ属性種族モンスターを2体以上要求されるため、このカードを用いても元々デッキに存在しない種族属性モンスターを利用したエクシーズ召喚を積極的に狙うのは難しい。
 【カオス】【ビースト】のような、2種類以上の属性種族で構成されたデッキエクシーズ召喚を行う際の潤滑油としての運用が望ましいか。
 他には《アルケミック・マジシャン》のような、正規でエクシーズ素材を揃えるのが難しいランクモンスターのサポートにもできる。

 シンクロ召喚に使う際には、似た効果《ジェノミックス・ファイター》が存在するが、属性も自由に操作できる点と、チューナー側の種族属性には干渉しない点で使い勝手は異なる。
 基本的には使用するデッキチューナー側に合わせて、種族属性を決定することになるだろう。
 非チューナー鳥獣族を要求するドラグニティナイト【ドラゴン族】で運用したり、属性統一の難しいデッキでもナチュルシンクロモンスターシンクロ召喚したり、といった芸当が可能となる。
 非チューナー側の属性によってシンクロ召喚を使い分ける【ジェネクス】でも活躍が期待できる。
 シンクロモンスターに関しては、《ジェノミックス・ファイター》も参照のこと。

 その他、融合素材属性種族を指定した融合召喚を多用する、【E・HERO】【ジェムナイト】等で役に立つだろう。
 他に《風林火山》の条件を満たす、M・HERO霊使いエレメントの必要な条件を揃える、神属性幻神獣族宣言してから送りつけて《御前試合》などでロックするといった使い方も可能。
 ただし、《トランスターン》には対応しないので注意。

  • モデルは思考実験の「スワンプマン」か。
    落雷によって死んだ男と、同じく落雷によって近くの沼の泥が化学反応を起こして生まれた「死んだ男と同一の構造を持つ存在」を同一人物と言えるかどうか、という思考実験である。
    この沼から生まれた存在を「スワンプマン(沼男)」と呼ぶ。
    スワンプマンは外見だけでなく脳まで死んだ男と同一のため、知識や記憶、その後の行動まで全て男と同じになる。
    全ての物事を物理的であると考える物理主義の立場では死んだ男とスワンプマンは同一と見なすが、精神的なものを根本とする観念論の立場では別物と見なす。

関連カード

収録パック等


Tag: 《鏡像のスワンプマン》 永続罠 罠モンスター(通常) 星4 攻1800 守1000

広告