剣闘獣総監(グラディアルビースト・テイマー)エーディトル/Gladiator Beast Tamer Editor》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/獣戦士族/攻2400/守3000
レベル5以上の「剣闘獣」モンスター×2
自分フィールドの上記カードをデッキに戻した場合のみ、
EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは融合素材にできない。
(1):1ターンに1度、発動できる。
EXデッキから「剣闘獣総監エーディトル」以外の
「剣闘獣」融合モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。
(2):自分の「剣闘獣」モンスターが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に
そのモンスター1体を持ち主のデッキ・EXデッキに戻して発動できる。
デッキから「剣闘獣」モンスター1体を特殊召喚する。

 COLLECTORS PACK 2017で登場した闇属性獣戦士族融合モンスター
 自身を融合素材にできない効果外テキストエクストラデッキから剣闘獣融合モンスター特殊召喚できる起動効果剣闘獣デッキに戻し、剣闘獣リクルートする誘発効果を持つ。

 融合素材剣闘獣上級モンスターが指定されており、特殊召喚の難易度はやや高い。
 《団結する剣闘獣》を利用すればフィールドに揃えずとも特殊召喚可能だが、この方法の場合蘇生制限が満たせないので、《再起する剣闘獣》等で蘇生させてメインモンスターゾーンに移動させる方法は使えなくなる。

 正規の手段で特殊召喚する場合は、剣闘獣特有のリクルート効果を駆使して融合素材を揃える必要がある。
 レベル8の《剣闘獣アウグストル》効果手札からレベル5以上の剣闘獣特殊召喚するのが簡単だろう。
 《剣闘獣ガイザレス》《剣闘獣ドラガシス》効果バトルフェイズ終了時にレベル5以上の剣闘獣2体をリクルートしてメインフェイズ2に出すのも手。
 既にリンク先が2カ所確保済みならば、《剣闘獣アンダバタエ》効果《剣闘獣ガイザレス》を出し、その2体を融合素材にすることもできる。

 (1)は剣闘獣融合モンスターエクストラデッキから特殊召喚する効果
 カードを2枚破壊できる《剣闘獣ガイザレス》モンスター効果へのカウンター能力を持つ《剣闘獣ドミティアノス》魔法・罠カードへのカウンター能力を持つ《剣闘獣ヘラクレイノス》あたりが候補。
 ただし、効果を使用するためには、リンクモンスターを事前に用意するか、このモンスターを移動させてエクストラモンスターゾーンを空ける必要がある。
 レベル8の剣闘獣ランク8のエクシーズ素材にしたり、《剣闘獣ドラガシス》リンク素材として墓地へ送ってから蘇生させるのもよい。

 (2)は剣闘獣剣闘獣の共通効果を与える効果
 【剣闘獣】では戦闘を行なっていながら共通の効果を使わないケースは少ない。
 しかし剣闘獣の名前を得た《E・HERO プリズマー》や、《剣闘獣ダリウス》特殊召喚した剣闘獣などの効果無効になったモンスターへのフォローに使うことができる。
 また、他の剣闘獣効果にない特徴として、デッキに戻した剣闘獣同名カードを再展開できる。

 前述のように、(1)の効果を使用するためには、このカードメインモンスターゾーンに移動させるか、リンクモンスターを併用しなければならない。
 《スレイブパンサー》リンク召喚して、その効果《団結する剣闘獣》サーチすれば、リンク先の確保とこのカード特殊召喚を両立できる。
 さらに《スレイブパンサー》効果《剣闘獣アトリクス》特殊召喚し、その効果レベル5以上の剣闘獣墓地へ送れば融合素材も揃えられる。

  • 角の形状からすると、シカ科の生物がモチーフのようである。
  • 「エーディトル」は、剣闘士興業をプロデュースするスポンサーのような役目を果たした名誉職であった「editor」を意識したものと思われる。
  • アニメでのレアリティウルトラレアで、テキストは以下の通り。
    レベル5以上の「剣闘獣」モンスター×2
    自分フィールドの上記カードをデッキに戻した場合のみ、
    エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」カードは必要としない)。
    (1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
    エクストラデッキから「剣闘獣」融合モンスター1体を選び、
    そのコントローラーのフィールドに、召喚条件を無視して攻撃表示で特殊召喚する。
    (2):フィールドに「剣闘獣」モンスターが2体以上存在する場合、
    そのモンスターのコントローラーは1ターンに1度、それぞれ自分のメインフェイズに発動できる。
    それぞれのコントローラーはフィールドのモンスター1体を破壊し、
    そのモンスターのコントローラーにそのモンスターの攻撃力分のダメージを与える。
    (3):このカードが攻撃対象に選択された場合に発動できる。
    その攻撃を無効にする。
    (4):「剣闘獣」モンスターが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に
    自分フィールドの「剣闘獣」モンスター1体をデッキに戻して発動できる。
    デッキから「剣闘獣」モンスター1体を特殊召喚する。
    他のプレイヤーエクストラデッキからモンスターをそのプレイヤーフィールド特殊召喚できるという、前例のない効果を持っていた。
    このカードの発売の直前に施行された新マスタールールによって、(1)の効果自体がまともに使えなくなってしまい、効果自体の弱体化も含めて《剣闘獣アンダバタエ》と同様に非常に使いづらいモンスターだった。
    しかし後に《剣闘獣ドラガシス》が登場したことで自身の効果をまともに使えるようになり、《剣闘獣アンダバタエ》共々救済を受けた。
  • サンダースが言うには、このモンスター剣闘獣の支配者で、鞭によって操れるとされている。
    効果自壊する際も、サンダースに対して鞭をふるってライフを0にする描写が見られた。

このカード特殊召喚する例

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:自分の《剣闘獣総監エーディトル》と《剣闘獣ノクシウス》がそれぞれ戦闘を行っているターンです。
  このターンエンドステップに、自分は《剣闘獣総監エーディトル》の(2)の効果を、2度発動する事ができますか?
A:《剣闘獣総監エーディトル》の(2)の効果は、自分剣闘獣モンスター戦闘を行っているターンエンドステップに1度のみ発動する事ができる誘発効果です。
  質問の状況のように、そのバトルフェイズに2体以上の剣闘獣モンスター戦闘を行っていたとしても、《剣闘獣総監エーディトル》の(2)の効果を2度発動できるようにはなりません。(17/05/12)


Tag: 《剣闘獣総監エーディトル》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 獣戦士族 攻2400 守3000 剣闘獣 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可 融合召喚不可 融合素材にできない

広告