幻奏(げんそう)音女(おとめ)タムタム/Tamtam the Melodious Diva》

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1000/守2000
(1):自分フィールドに「幻奏」モンスターが存在し、
このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「融合」1枚を選んで手札に加える。
(2):このカードが融合召喚の素材となって墓地へ送られた場合、
自分フィールドの「幻奏」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力を500ダウンし、相手に500ダメージ与える。

 クラッシュ・オブ・リベリオンで登場した光属性天使族下級モンスター
 特殊召喚時に他の幻奏モンスターが存在する場合、デッキ墓地から《融合》手札加える誘発効果融合素材となった場合に幻奏モンスター弱体化効果ダメージを与える誘発効果を持つ。

 (1)の効果幻奏がいる時に特殊召喚されることで《融合》サーチサルベージする効果
 特殊召喚時に他の幻奏がいる必要があり、《独奏の第1楽章》などでは効果を使用することができない。
 《融合》手札に加えたいのならば、《沼地の魔神王》《E・HERO ブレイズマン》などを使う方が良い。

 効果を使用すればフィールド幻奏が2体と手札《融合》が揃い、融合召喚の準備が整う。
 しかし、この効果が使える状況ならば、《幻奏の歌姫ソプラノ》を出せば自身の効果融合召喚が可能である。
 あちらは幻奏サルベージも可能であるが、こちらは《置換融合》サーチすれば同等のアドバンテージが見込める。
 手っ取り早いのは《ソウル・チャージ》ペンデュラム召喚で同時に幻奏を展開する方法が挙げられる。
 他には《同胞の絆》リクルートすれば簡単に条件を満たせるので幻奏墓地に落ちてない時のリクルート候補になるだろう。

 (2)の効果幻奏弱体化させてバーンする効果
 融合召喚のついでにダメージを与えられるが、わずかな数値の上にこちらは弱体化するため、結果的に戦闘の超過ダメージとあまり変わらない。
 また、弱体化は永続な上に、幻奏の中でこれを活かせるようなモンスターは特におらず、逆に足を引っ張ることも多い。
 反射効果を持つ《幻奏の華歌聖ブルーム・ディーヴァ》とは一見相性が良いように思えるが、あちらの効果元々の攻撃力を参照するので、実際にはデメリットを無くす程度の効力しかない。
 とはいえ任意効果なのであって困るものではない。

  • タムタムとは、東洋の楽器「銅鑼」をオーケストラで使用する際の呼び方である。
    また、ドラムセットの中にも同名の楽器が存在するが、そちらは「タム」あるいは「トムトム」と区別される事が多い。
  • 柚子の融合召喚時の口上では「魂の響き」と称されている。
  • 「柚子vsセルゲイ」戦で柚子が使用した通常罠《幻奏のリズムチェンジ》のイラストに描かれている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:はい、発動できます。(15/04/25)

Q:攻撃力が0になっている状態の幻奏モンスター対象に(2)の効果発動できますか?
A:はい、発動でき、攻撃力がダウンする処理とダメージを与える処理は行われます。(15/04/25)

Q:《あまのじゃくの呪い》効果適用され、(2)の効果攻撃力がダウンする代わりにアップした場合でも、ダメージを与える処理は行われますか?
A:はい、行われます。(15/04/25)


Tag: 《幻奏の音女タムタム》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 天使族 攻1000 守2000 幻奏

広告