古代の機械城(アンティーク・ギアキャッスル)/Ancient Gear Castle》

永続魔法
(1):フィールドの「アンティーク・ギア」モンスターの攻撃力は300アップする。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
モンスターが通常召喚される度に、このカードにカウンターを1つ置く。
(3):自分が「アンティーク・ギア」モンスターを表側表示でアドバンス召喚する場合、
必要なリリースの数以上のカウンターが置かれたこのカードを
代わりにリリースしてアドバンス召喚できる。

 SHADOW OF INFINITYで登場した永続魔法
 アンティーク・ギア全体強化する効果通常召喚ごとにカウンターを置く効果上級アンティーク・ギアリリースの代わりとなる効果を持つ。

 (1)の効果アンティーク・ギア全体強化で、特に攻撃力不足なレベル6以下のアンティーク・ギアの補助になる。
 しかし、上昇値は小さく他のカードに頼った方がいい場合も多いので、上級アンティーク・ギア召喚補助としての役割が主となる。
 なお、相手アンティーク・ギア強化してしまうので、ミラーマッチでは少々危険である。

 (2)の効果モンスター通常召喚されるとカウンターを置くというもの。
 通常召喚するモンスターに条件は無く、相手の分も数える。
 このため、このカード発動した次の自分ターンには既に2個のカウンターが乗っていることも多く、最上級アンティーク・ギアを容易に召喚できる。
 ただし、例によって魔法・罠除去には弱い事と、カウンターを3つ以上溜めても無意味な事には注意。

 フィールド魔法ではないため、《死皇帝の陵墓》との併用が出来るのも利点。
 《死皇帝の陵墓》での通常召喚でもカウンターは乗り、その後ライフを失いたくない時はこのカードリリースする事でライフを失わずに済む。
 《死皇帝の陵墓》とは違い、通常召喚リリースとして使う場合にチェーンブロックも作らないので、優先権があればこの通常召喚を妨害されないのもメリット

関連カード

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:チェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作りません。(13/07/21)

Q:相手通常召喚した場合、カウンターを置きますか?
A:はい、置きます。

Q:相手が通常召喚の権利を使ってモンスターセットした場合も、カウンターを置きますか?
A:はい、セットしたときもカウンターを置きます。条件が「召喚」ではなく「通常召喚」だからです。

Q:デュアルモンスター再度召喚した場合、カウンターを置きますか?
A:はい、置きます。(08/04/30)

Q:このカードのカウンター《マジック・ガードナー》カウンターは同じものとして扱うことが出来ますか?
A:いいえ、カウンターに名前はありませんが、違う物として考えます。
  生け贄召喚の代わりに必要なカウンターは、このカードの効果で置かれたものでなければなりません。(08/09/16)

(3)の効果について

Q:チェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作りません。

Q:このカードリリースの代わりとして召喚したモンスターは、アドバンス召喚された扱いとなりますか?
A:はい、アドバンス召喚されたモンスターとして扱います。(13/02/18)

Q:《生贄封じの仮面》適用中にリリースの代わりとする効果を使えますか?
A:いいえ、このカードリリースする扱いなので使えません。

Q:《血の代償》効果による通常召喚時に、リリースの代わりとする効果を使えますか?
A:はい、使えます。(10/07/01)


Tag: 《古代の機械城》 魔法 永続魔法 アンティーク・ギア

広告