(ひかり)護封剣(ごふうけん)/Swords of Revealing Light》

通常魔法
このカードは発動後、フィールドに残り続け、
相手ターンで数えて3ターン後の相手エンドフェイズに破壊される。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
相手フィールドに裏側表示モンスターが存在する場合、
そのモンスターを全て表側表示にする。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
相手モンスターは攻撃宣言できない。

 Vol.2で登場した通常魔法
 相手フィールド上のモンスターを全て表側表示にし、3ターンの間相手モンスター攻撃宣言を封印する効果を持つ。

 (1)の表側表示にする効果は攻められている状況では活用しにくいが、相手裏側守備表示モンスターを確認できるので、安全に攻めたい時に使える。
 リバースモンスター効果を暴発させれば、相手のリズムを狂わせることができる。
 また、相手フィールド表側表示モンスターが必要であり、相手攻撃から守る必要のある霊使い等の効果も活かしやすくなる。

 (2)の効果により魔法効果を受けないモンスターを除き、あらゆるモンスター攻撃を封じられるので、その間に態勢を立て直せる。
 反面、永続魔法と同様に魔法・罠除去に弱く、あっさり除去されてしまうことも多い。
 「このカードがあるうちは大丈夫」と思わず、「除去された場合はどうするか」も常に考えながら行動するように心掛けるべきだろう。
 《スターライト・ロード》はこのカードを守るだけでなく、出てきた《スターダスト・ドラゴン》戦闘破壊を防ぐ事もできるため相性が良い。

 他の多くの通常魔法と異なり発動後もフィールド上に残るので、バウンス系のカードと組み合わせることで、再利用することもできるのも利点の1つである。
 《霞の谷のファルコン》とは相性が良く、毎ターン攻撃する度にバウンスすれば、除去されない限り相手攻撃を防ぎ続けることができる。
 《霞の谷のファルコン》を採用しやすい【セルフ・バウンス】【霞の谷】では非常に使いやすい防御カードになるだろう。
 他には《宇宙砦ゴルガー》を擁する【エーリアン】《魔妖仙獣 大刃禍是》を擁する【妖仙獣】でも採用圏内である。

  • イラストで描かれている剣の数は3本である。
    この本数はフィールドに残り続けるターン数を指しているとも考えられる。
    ちなみに、ソリッドビジョン中の剣は演出の都合上相手のモンスター1体1体に3本ずつ配置されている。
  • またこのカードを始めとして、初期の表側表示に変更するカードには「光」に関係する名前がつけられる事が多かった。
  • COSMO BLAZER発売日に新聞に掲載された、OCGの広告に用いられているカードの1枚である。
    この広告では、最初期から現在に至るまでの、それぞれの世代を代表するカードが世界各国の言語別に掲載されている。
    ただ、このカード魔法カード代表として掲載されたものだと思われる。
    ちなみに、このカードは韓国語版であった。
  • 「乃亜編」において、海馬がモクバに株の仕組みを計100枚のカードで説明しているシーンにも登場している。
    更に、バクラの挑戦を受けた海馬が出したアタッシュケースに入っていたカードの内の1枚でもある。
  • アニメGXの「十代vs神楽坂」戦においては、遊戯のデッキを持ち出した神楽坂が使用している。
    この時に限り、檻のような細長い形状をしていた。
  • アニメ5D'sの「龍可vsフランク」戦では、フランクの罠カード《深層へと導く光》により、龍可のデッキから墓地へ送られているのが確認できる。
    また、「ジャックvsドラガン」(2戦目)では、ライディングデュエルであるにも関わらず、ドラガンの手札に確認できる。
  • アニメZEXALでは26話で国立カケルのサッカーボールにプリントされていたカードの1枚。
    また「遊馬vsトロン」戦にて、トロンが使用した罠カード爆風紋章(ブラストメダリオン)》のイラストに描かれている。
  • WJで連載していた漫画「ボボボーボ・ボーボボ」の作中において、遊戯に扮した首領パッチと海馬に扮したところ天の助が使用した。
    だが、防御どころかボーボボを剣で串刺しにして出番を奪うという使われ方をしていた。
  • 漫画版も含めると遊戯王の歴代主人公の内3人が使用しているカードである。
    いずれも主人公側が不利な状況から時間を耐え、逆転に繋げるために重要な役目を担った。
  • コナミのゲーム作品において―
    過去のDMシリーズでは発動後、フィールドに残らないので確実に3ターン守ることができる。
    強力な効果であるため、DM3以降は制限カードに指定されている。
    DM4では原作で使用した縁から「遊戯デッキ」でのみ使用可能である。
    DM8でも制限カードなのだが、2枚以上投入している対戦相手が多い。
  • モンスターカプセルGBでは、一部のモンスターの技として登場する。
    相手が2ターンの間行動不能になる特殊魔法である。
  • DUEL TERMINALでは、1戦目のレイのデスティニースキャンに設定されており、EXステージでは闇マリク・レイ・龍可が使用する。
    いずれもバーンを主な戦法としている上、デッキ枚数が10枚の環境であるため、デュエル自体まともに進まなくなる事がある。
    NEXTではプレイヤーも入手できるようになった。
    ADXにおいては、特殊コマンドとして登場。
    1ターンの間、相手のこうげきコマンドを使用不能にさせる。

関連カード

―類似効果
――攻撃禁止・自壊

――全体表示形式変更

―名前関係

―《光の護封剣》が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードの発動《マジック・ジャマー》チェーンした場合、どうなりますか?
A:破壊され墓地へ送られます。

Q:このカードの発動《サイクロン》チェーンした場合、どうなりますか?
A:墓地へ送られますが、表側表示に変更する効果適用されます。

Q:このカードの発動《魔法封印の呪符》チェーンした場合、どうなりますか?
A:フィールドに残りますが、効果は失われます。
  尚、カウントは継続され、3ターン後には自壊します。

Q:このカード《二重魔法》発動した場合、どうなりますか?
A:この場合は、墓地からフィールドに置かれます。
  効果適用されます。

Q:相手フィールド上にモンスターが存在しない場合でも発動できますか?
A:できます。(10/11/27)

Q:《白竜の忍者》が存在する場合、このカードは3ターン後に破壊されますか?
A:このカード破壊カードの効果ではなく効果外テキストなので、破壊されます。(14/03/21)


Tag: 《光の護封剣》 魔法 通常魔法

広告