甲虫装機(インゼクター) ピコファレーナ/Inzektor Picofalena》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/昆虫族/攻1000
【リンクマーカー:左下/右下】
昆虫族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、
このカード以外の自分フィールドの昆虫族モンスター1体を対象として発動できる。
デッキから昆虫族モンスター1体を選び、
攻撃力・守備力500アップの装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。
(2):自分の墓地の昆虫族モンスター3体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 LINK VRAINS PACKで登場した闇属性昆虫族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合に自身以外の昆虫族デッキ内の昆虫族を装備させる誘発効果墓地昆虫族3体をデッキに戻し1枚ドローする起動効果を持つ。

 リンク素材昆虫族2体が指定されているが、(1)の効果を使うためには事実上昆虫族を3体並べなければならない。
 《G・ボールパーク》効果昆虫族通常モンスター3体を並べるのが一番簡単だろう。
 このカードが属する【甲虫装機】であれば、《甲虫装機 ダンセル》を起点とする大量展開によって3体以上のモンスターを揃えることができる。
 《ワーム・ベイト》発動条件となる昆虫族と生成されるワームトークン2体で昆虫族が3体並ぶ。
 その他、《ジャイアントワーム》《カブトロン》《ギャラクシー・ワーム》《アリの増殖》などが展開効果を持っている。
 また、《共振虫》《応戦するG》など、墓地へ送るメリットがある昆虫族を併用すればリンク召喚ディスアドバンテージを軽減できる。

 (1)は、リンク召喚に成功した場合に手札コスト1枚を払う事でデッキ昆虫族モンスター1体を装備カードにする効果
 装備させる昆虫族に指定はなく、墓地へ送られた場合の効果を持つものや、装備カードとなった場合に発揮される効果を持つ甲虫装機装備させればその効果を利用できる。

 (2)は、墓地昆虫族を3体デッキに戻して1枚ドローする効果
 【昆虫族】ならば比較的緩い条件で1枚のドローが可能であるが、墓地アドバンテージが減少し蘇生などが行いづらくなる点は注意する必要がある。
 攻撃力は低く、この効果も毎ターン使えるような性質ではないため、この効果使用後はすぐにリンク3以上のリンクモンスターに繋げるべきだろう。

 自身の属するカテゴリである【甲虫装機】との相性はあまりよくない。
 【甲虫装機】では、《甲虫装機 ダンセル》《甲虫装機 センチピード》を安易に素材にせずにフィールドに維持したほうが都合がよい場合も多い。
 (2)の効果についても、《甲虫装機 ダンセル》でのリクルート用のモンスターを補充できるが、《甲虫装機 ホーネット》墓地へ置いたままにしたほうが都合が良いモンスターも多い。

 むしろ【甲虫装機】より【昆虫族】で運用するほうが真価を発揮できる。
 (1)の効果で《共振虫》《応戦するG》《ゴキポール》装備カードにし、装備モンスターとこのカードリンク召喚を行えば、これらの持つサーチ効果発動可能。
 《共振虫》レベル5以上、《応戦するG》攻撃力1500以下の地属性《ゴキポール》レベル4の昆虫族サーチできるので、昆虫族の大半をサーチできる。
 《ゴキポール》通常モンスターサーチすれば更にその特殊召喚相手モンスター除去が可能であり、リンク4のリンクモンスターにもつながる。
 《超進化の繭》リリース条件となる装備カード装備したモンスターを準備する手段としても使いやすい。
 (2)の効果リクルート手段の多い【昆虫族】との相性がよく、《G・ボールパーク》《孵化》などでデッキから特殊召喚したいモンスターデッキ戻す手段となる。

 変わった使い方として、本来は装備対象とならないモンスター甲虫装機を装備させることも可能であるため、《甲虫装機 ギガマンティス》などをピン挿しで採用するのも面白い。
 《デビルドーザー》《甲虫装機 ホッパー》を装備させれば、攻撃力2800のダイレクトアタックによる奇襲ができる。

  • 「ファレーナ(Falena)」はイタリア語で「蛾」を意味する。
    また、他の甲虫装機に「ギガ」や「エクサ」などが存在することから、「ピコ」は10のマイナス12乗(=一兆分の一)を表す単位であると思われる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《甲虫装機 ピコファレーナ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 昆虫族 攻1000 甲虫装機

広告