刻剣(こっけん)魔術師(まじゅつし)/Timebreaker Magician》

ペンデュラム・効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1400/守   0
【Pスケール:青2/赤2】
(1):このカードがPゾーンに存在する限り、
1ターンに1度、自分フィールドのPモンスターは相手の効果で破壊されない。
【モンスター効果】
(1):手札のこのカードのみがP召喚に成功した時に発動できる。
このカードの攻撃力は元々の攻撃力の倍になる。
(2):1ターンに1度、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとフィールドのこのカードを次の自分スタンバイフェイズまで除外する。

 ブレイカーズ・オブ・シャドウで登場した闇属性魔法使い族下級ペンデュラムモンスター
 自分ペンデュラムモンスター1ターンに1度効果破壊耐性を与えるペンデュラム効果、自身の攻撃力元々の攻撃力の倍にする誘発効果、自身を含むフィールドモンスター2体を一時的に除外する起動効果を持つ。

 (1)の効果により攻撃力2800となるので、大抵の上級モンスター戦闘破壊できる。
 しかし、このカード1枚のみかつ手札からの場合と大きく制限されており、頻繁に扱えない点が大きな欠点となる。
 ペンデュラムモンスターの長所であるエクストラデッキからのペンデュラム召喚の際には機能しない上に、(2)の効果を使うと数値も元に戻ってしまう。
 また、ペンデュラム召喚での展開からシンクロ召喚エクシーズ召喚に繋げれば、2800相当の戦力を確保するのは難しくない点も意識しておく必要がある。
 一応、エクストラデッキカードを多く消費した終盤近くなら狙う余地はあるか。
 いずれにせよ、(2)の効果とは噛み合わないため、こちらの効果はあくまで選択肢の一つとして考えたい。

 (2)の効果は1ターンのみの一時的な除外
 厄介な相手モンスターをこのカードで取り除き、その間に別のモンスターで攻めるのが主な運用になるだろう。
 一時的でしかないが、破壊ではないために耐性を突破しやすく、ペンデュラム召喚帰還ターンの再発動で繰り返し活用できる。
 特に除外されるとエクシーズ素材が無くなるエクシーズモンスターに使えば、実質的なモンスター効果封じとなる。
 手軽に何度も除外できる効果から、【レティキュラント】では新たな除外ソースとして有力である。

 この効果自分カードにも使用できるため、除去だけでなくコンボへの活用も可能となる。
 エクストラモンスターゾーンモンスター除外すれば帰還時にメインモンスターゾーンに配置できる。
 代表的なところでは、《フォーチュンレディ・ライティー》《ネクロフェイス》不知火等を能動的に除外する事で効果発動できる。
 単発の完全な除外ではない事によって毎ターン繰り返し効果が使え、長い目で見てアドバンテージに繋げやすい。
 対象を取るため、《青き眼の乙女》を選択して毎ターン《青眼の白龍》を出したりすることも可能。
 他にも、《クリアー・バイス・ドラゴン》のように防御面が脆いモンスターの避難、《簡易融合》《リミッター解除》等のデメリット回避、自分フィールドを一時的に空けて《サイバー・ドラゴン》系統の召喚条件を満たす事などができる。
 また、自分モンスター除外した場合、次の自分ターンまでモンスター2体が除去を受け付けないため、耐性の亜種ととらえることも可能。
 戻ってきた2体に加え、そのターンで新たに展開するものを含めてのシンクロ召喚等を想定して動けば、選択肢を大きく広げることができる。
 ただし、大抵の場合、戻ってくるまでの間は自分フィールドを大きく空けることになるため、その点には注意したい。

  • 「刻剣」という言葉は造語である。
    同弾で登場した《調律の魔術師》の存在やピアノの鍵盤のような意匠の装飾を考えるに、「黒鍵」の捩りと思われる。
    この装飾は「時」をモチーフとする《時読みの魔術師》と共通している。
    「剣」は持っている武器を、「刻」という字は(イラストの背景やアニメで初めて特殊召喚された際の背景に時計の文字盤が演出されていることから)「時を刻む」という意味を当てての選択だろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

ペンデュラム効果について

Q:このカード自分ペンデュラムゾーンに存在する時に、相手《ブラック・ホール》発動しました。
  この場合、自分フィールドペンデュラムモンスターは全て破壊されないのですか?
  それとも、どれか1体だけ破壊されないのですか?
A:全て破壊されません。(15/10/17)

モンスター効果の(1)について

Q:(1)のモンスター効果は、手札がこのカード1枚のみの状況でペンデュラム召喚した時にのみ発動できますか?
  それとも、手札の枚数にかかわらず手札からこのカード1体のみをペンデュラム召喚した時に発動できますか?
A:(1)のモンスター効果は、ペンデュラム召喚としてフィールド上に出てきたのが、手札のこのカードのみだった場合に発動できる効果となります。
  従って、手札が複数枚ある場合でも、ペンデュラム召喚の際に手札からこのカードだけをペンデュラム召喚したのであれば、発動する事ができます。 (15/10/17)

Q:手札のこのカード1枚と同時にエクストラデッキから他のモンスターペンデュラム召喚した場合、(1)のモンスター効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(15/10/17)

Q:手札のこのカードと同時に他のモンスターペンデュラム召喚する際に、《インヴェルズ・ローチ》効果で他のモンスターペンデュラム召喚無効となりました。
  この場合、(1)のモンスター効果発動できますか?
A:はい、できます。(15/10/17)

モンスター効果の(2)について

Q:この効果自分モンスター除外しています。
  次の自分スタンバイフェイズ自分モンスターゾーンの空きが1つだけだった場合、どのように処理を行いますか?
A:除外しているモンスターの内どちらか1体を選んでフィールドに戻し、もう片方を墓地に戻します。(16/01/15)


Tag: 《刻剣の魔術師》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星3 闇属性 魔法使い族 攻1400 守0 スケール2 魔術師

広告