黒の魔法神官(マジック・ハイエロファント・オブ・ブラック)/Sorcerer of Dark Magic》

特殊召喚・効果モンスター
星9/闇属性/魔法使い族/攻3200/守2800
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドのレベル6以上の魔法使い族モンスター2体を
リリースした場合のみ特殊召喚できる。
(1):罠カードが発動した時に発動できる。
このカードがフィールドに表側表示で存在する場合、
その発動を無効にし破壊する。

 Vジャンプ(2004年10月号) 付属カードで登場した闇属性魔法使い族特殊召喚モンスター
 レベル6以上の魔法使い族モンスターリリースした場合のみ特殊召喚できる召喚条件と、罠カード発動無効にし破壊できる誘発即時効果を持つ。

 レベル6以上の魔法使い族2体のリリースという重い召喚条件を持つが、【魔法使い族】上級特殊召喚レベル操作に長けているので、それほど困難ではない。
 【ブラック・マジシャン】では、《ブラック・マジシャン》を容易に展開でき、《マジシャンズ・ナビゲート》リリースを揃えることもできる。
 【ガガガ】の場合は、《ガガガマジシャン》をはじめ、レベル変更効果を持つ魔法使い族ガガガを利用して条件を満たすことが可能。
 【魔導書】では《魔導教士 システィ》によるサーチが可能で、リリース要員も《ネクロの魔導書》《魔導冥士 ラモール》で揃えられる。
 《竜穴の魔術師》《相克の魔術師》などレベル6以上の魔法使い族ペンデュラムモンスターが中心の【魔術師】でも召喚を狙える。
 その他、《カオス・ソーサラー》《究極封印神エクゾディオス》などの特殊召喚モンスター《フルエルフ》《銀河の魔導師》などの自身でレベルを変化させるカードを利用できる。

 罠カード発動無効にし破壊する効果任意効果で回数制限も無いため、相手罠カードのみを一方的に無効にできる。
 大型モンスターにとって厄介な《激流葬》などの除去罠カードを防ぐことができ、《リビングデッドの呼び声》《スキルドレイン》などのカードの発動も封じられる。
 しかし、それらはリリースを揃える段階で使用される可能性もあり、しかも《神の宣告》をはじめとするカウンター罠には対応できないため、過信は禁物である。
 また、召喚に成功したとしても、《ブラック・ホール》《月の書》などの魔法カードや、モンスター効果で処理されてしまう危険性も高い。
 このカード蘇生が不可能なので、《エフェクト・ヴェーラー》《トーラの魔導書》《ブラック・イリュージョン》などの防御策も講じるべきだろう。
 あるいは、《魔法族の里》《マクロコスモス》を併せ、ロックを強化するのも良い。
 自身はモンスターカードなので、魔法&罠ゾーンを圧迫することなくルール介入永続カードを使用できる。

 ただし、同じレベルモンスターを並べる場合、エクシーズ召喚も狙えるようになる。
 安定性に欠け、手札事故を誘発しやすい特殊召喚モンスターを採用するよりは、エクシーズモンスターの方がデッキに無理が生じづらい。
 特に、レベル魔法使い族2体でエクシーズ召喚できる《風紀宮司ノリト》は、1ターンに1度の制限はあるが魔法・罠カードの両方に対応している。

 上述のような難点や、罠カードデッキによって採用比率にバラつきがあることを考慮すると、重い召喚条件に見合うメリットがあるとは言い難い。
 使えないカードではないが、他のカードより優先したい理由もなく、ファンデッキ用の域は出ないだろう。

  • 『マスターガイド』では、ルビが「ブラック・ハイエロファント・オブ・マジック」と誤植されている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中に発動できますか?
A:はい、発動できます。(08/12/30)

Q:自分罠カード無効にできますか?
A:はい、無効にできます。(10/09/06)

Q:同一チェーン上で複数回効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(11/05/27)


Tag: 《黒の魔法神官》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星9 闇属性 魔法使い族 攻3200 守2800 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告