黒魔族復活(くろまぞくふっかつ)(ひつぎ)/Dark Renewal》

通常罠
(1):相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功した時、
そのモンスター1体と自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスター2体を墓地へ送る。
その後、自分のデッキ・墓地から
魔法使い族・闇属性モンスター1体を選んで特殊召喚できる。

 決闘王の記憶−決闘都市編−で登場した通常罠
 召喚・特殊召喚に成功した相手モンスター自分魔法使い族モンスター墓地へ送って闇属性魔法使い族モンスターリクルートまたは蘇生する効果を持つ。

 相手モンスター墓地へ送ることができ、破壊耐性を持つモンスター除去できる。
 さらに魔法使い族デッキ墓地から特殊召喚できるため、出すモンスターによっては相手の攻め手を封じることもできる。
 リクルートするならば、《神聖魔導王 エンディミオン》などのサーチが難しいモンスターなどを出したい。
 相手墓地状況、あるいは墓地へ送った相手モンスター蘇生制限上の条件は付くが、《時花の魔女−フルール・ド・ソルシエール》蘇生効果ともシナジーが見込める。

 基本的には、闇属性魔法使い族を中心とするデッキで使用されることになる。
 【シャドール】では、シャドール効果発動させつつリクルートすることが可能。
 【ブラック・マジシャン】にも採用が見込め、特に《永遠の魂》があれば《ブラック・マジシャン》を毎ターン蘇生できるため、ディスアドバンテージを抑えることができる。
 【墓守】では《墓守の祈祷師》のような上級モンスターを展開する手段となり、また除去したモンスター墓地利用も妨害しやすい。
 《王家の眠る谷−ネクロバレー》の存在下では自分デッキからの特殊召喚に限定されるが、《墓守の長》が同時に存在すれば、墓地からの特殊召喚も可能になる。

 難点としては、相手モンスターを出すタイミングでなければ使用できず、発動前に妨害されやすいことが挙げられる。
 このカード自身もそうだが、自分フィールド魔法使い族が先に除去されると、このカード腐ってしまう。
 また、フィールドから墓地へ送ることのできないペンデュラムモンスターなどに対応できないため、やや相手を選ぶ点にも留意したい。

  • 『VJ』においては「パンドラとの激闘中に遊戯が発動した」と書かれているが、上記の通りそのデュエルで使用したのはパンドラであり、これは間違いである。
  • 『GX』登場時、カードの体裁は第3期以降の仕様になっていたが、テキストが「墓地に眠る黒魔族を1体復活させる」という原作のような文章のままだった。
    ただ、遊戯は蘇生対象が魔法使い族全般であるかのような説明をしている。
  • コナミのゲーム作品において―
    『TAG FORCE』シリーズでは3から6まで、OCGに先駆けて以下のテキストオリジナルカードとして収録されていた。
    通常罠
    相手がモンスターの召喚に成功した時に発動する事ができる。
    そのモンスター1体と自分フィールド上に存在するモンスター1体を墓地へ送り、
    自分の墓地に存在する魔法使い族モンスター1体を特殊召喚する。
    OCGと比較すると、特殊召喚時には効果発動できないが、自分墓地へ送るモンスター魔法使い族である必要がなかった。
    また、リクルートに対応していない一方で、属性の指定はない。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果処理時に片方がフィールドを離れていた場合、もう片方は墓地に送りますか?
 またその場合特殊召喚を行えますか?
A:もう片方は墓地へ送る処理は行われず、2体とも墓地へ送る処理ができなかった場合はその後、特殊召喚する事はできません。(14/07/17)

Q:モンスタートークンペンデュラムモンスター特殊召喚された時に発動できますか?
A:はい、発動する事ができ、そのモンスターは消滅またはエクストラデッキに加わり、自分魔法使い族モンスター墓地へ送られますが、2体とも墓地へ送る処理ができなかったのでその後、特殊召喚する処理を行う事はできません。(14/07/05)

Q:相手が複数のモンスターを同時に特殊召喚した場合、このカード発動する事ができますか?
A:はい、発動でき、その特殊召喚されたモンスターの中から1体を選択して発動できます。(14/07/17)

Q:発動時に自分のフィールド裏側守備表示《シャドール・リザード》対象に取れますか?
A:いいえ、裏側守備表示種族カード名共に不明として扱うので、発動時の対象に取れません。(15/03/26)


Tag: 《黒魔族復活の棺》 通常罠

広告