混源龍(こんげんりゅう)レヴィオニア》

特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守   0
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光・闇属性モンスターを合計3体除外した場合に特殊召喚できる。
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):この方法でこのカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。
その特殊召喚のために除外したモンスターの属性によって以下の効果を適用する。
このターン、このカードは攻撃できない。
●光のみ:自分の墓地からモンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。
●闇のみ:相手の手札をランダムに1枚選んでデッキに戻す。
●光と闇:フィールドのカードを2枚まで選んで破壊する。

 SOUL FUSIONで登場した闇属性ドラゴン族特殊召喚モンスター
 特殊召喚の際に除外したモンスター属性によって蘇生ハンデス除去のいずれかを行う誘発効果を持つ。

 性質上、モンスター光属性闇属性に偏り、かつ墓地を肥やす戦術に長けたデッキで使用することになる。
 類似する《混沌帝龍 −終焉の使者−》などと比較すると、どちらかの属性のみを除外した場合でも出せる反面、除外コストはこちらの方が1枚多い。

 《ドラゴン・目覚めの旋律》手札腐っているこのカードの処理・このカードサーチ・このカードコストの確保と3つの役割をこなすことができるため相性が良い。
 デッキ単位では【青眼の白龍】レベル8軸の【巨神竜】などが、多くのサポートカードを共有できるので組み込みやすいだろう。

 3枚という多めのコストについては(エクストラデッキを圧迫するが)リンクモンスターを活用すれば調達が円滑に行える。
 例えば羊トークン2体を《LANフォリンクス》または《魔界の警邏課デスポリス》に変換し、そのリンク先に残りの2体で《リンクリボー》2体を出せば《スケープ・ゴート》1枚で3枚の確保ができる。
 《クロック・ワイバーン》も自身を《リンク・ディサイプル》に、クロックトークン《リンクリボー》に変えれば光属性闇属性が1種類ずつ用意できる。

 光属性のみを除外した場合の効果は、自分墓地から守備表示蘇生する効果
 光属性3体と蘇生するモンスターの4枚が墓地に存在する必要があるため、デュエル中盤以降に使用することになる。
 守備表示蘇生するため、そのターン蘇生したモンスターは基本的に攻撃できないが、それ以外の制約はないので柔軟性は高い。
 レベル8のモンスター蘇生すれば、即座にランク8のエクシーズモンスターエクシーズ召喚できる。

 闇属性のみを除外した場合の効果は、デッキ戻すハンデス効果
 再利用や効果トリガーにされることのないデッキ戻す効果であるため、ハンデスの中でも優秀な効果を持つ。
 ただし、《ダーク・クリエイター》など墓地闇属性の数を参照するカードも多く、カード・アドバンテージ1枚分のこの効果のみを目当てにするのは少し厳しい。
 他のハンデスを組み合わせて相手の動きを制限するのがいいだろう。
 《闇黒の魔王ディアボロス》とは《ドラゴン・目覚めの旋律》を共有でき、双方レベル8のためシナジーが見込める。

 光属性闇属性の両方を除外した場合の効果は、フィールドのカードを2枚まで破壊する効果
 2枚分のボード・アドバンテージを得ることができ、対象をとらない効果であることから対象耐性を持つカード破壊でき、自分カード破壊してコンボを狙うことも可能。
 光属性に偏重したデッキでも、墓地のこのカードコストに2枚目以降の同名カードを出せばこの効果を狙うことができる。

 効果を使用したターン攻撃できないので、すぐにエクシーズ素材などに繋げるのが理想的である。
 また、蘇生制限を満たせば蘇生できるが効果発動できないので、高攻撃力であること以外はあまりメリットはない。

  • カード名の「混源」は「根源」と「混沌(カオス)」を掛けたネーミングと考えられる。
    とすると、名前の後半部分は「万物の根源(アルケー)を、神話的解釈ではなく哲学から思索する」ことを目指した自然哲学の一派「イオニア学派」が由来だろうか。
    前半部分の由来はレヴィアタンと思われる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《混源龍レヴィオニア》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻3000 守0

広告