(たましい)開封(かいふう)

通常魔法
(1):相手フィールドにモンスターが存在し、
自分フィールドに通常モンスターが存在する場合に発動できる。
デッキから通常モンスター5体を選ぶ。
その内の1体を手札に加え、残りのカードを除外する。 

 遊戯王チップスうすしお味で登場した通常魔法
 デッキから通常モンスター5体を選び、その内1つをサーチ、残りを除外する効果を持つ。

 5体を選ぶのは《苦渋の選択》に似ているが、サーチするカード自分が選択する。
 そのため、5枚の中で1番欲しいカードを手に入れることができ、また欲しいカードが意図せず除外されてしまうような事もない。
 5枚の中から1枚を選ぶと言うより、サーチしたい1枚と除外したい4枚を、最初から分けて選ぶ事になるだろう。

 通常モンスターサーチできる魔法カードには、レベル4以下ならば《苦渋の決断》が、レベル5以上ならば《召喚師のスキル》が存在するため、こちらは除外アドバンテージを得られる点に注目したい。
 通常モンスターという制限はあるものの、任意の種族属性レベルモンスター4枚を一度に除外できるカードは珍しい。
 この点において特定のモンスター帰還除外枚数を参照するカードとのコンボで利用価値がある。

 例えば【おジャマ】においてはおジャマ除外した後に《おジャマパーティ》墓地へ送る事で一気に4体を帰還させられる。
 デッキコンセプトやサポートカードとの兼ね合いは良いが、発動条件効果から通常モンスター6体が特定の位置にいる必要が生じる。
 このカードも含め枚数は良く検討したいところ。

 【ジェムナイト】においては、通常モンスタージェムナイトサーチしつつ、《ジェムナイト・ファントムルーツ》融合素材とするモンスターの確保も可能。

 【光属性】ならば、《ライトレイ マドール》《ライトレイ ソーサラー》召喚条件を満たせる。

 【恐竜族】では《オーバーテクス・ゴアトルス》召喚条件を満たす補助となる。
 【ディノインフィニティ】の構築ならば4000もの攻撃力強化カードとして利用できる。
 通常モンスターの数が増える点も《レスキューラビット》や一部の恐竜族が持つ通常モンスターサポートとのシナジーが見込める。
 フィールド墓地カードが無い後攻ターン目であっても手札3枚の消費で攻撃力8000の《ディノインフィニティ》を用意できる。

条件:手札にこのカード《予想GUY》《魂喰いオヴィラプター》(または《化石調査》)、デッキ恐竜族通常モンスター6体・《幻創のミセラサウルス》《ディノインフィニティ》

  1. 《予想GUY》恐竜族通常モンスターリクルートし、このカード恐竜族通常モンスター4枚を除外、1枚をサーチする。
  2. 《魂喰いオヴィラプター》召喚から《幻創のミセラサウルス》サーチしてあちらの効果墓地へ送る《魂喰いオヴィラプター》で直接墓地へ送っても良い)。
  3. 《魂喰いオヴィラプター》通常モンスターリンク2のトロイメアリンク召喚し、効果コストとしてサーチした通常モンスター墓地へ送る
  4. 墓地《幻創のミセラサウルス》《魂喰いオヴィラプター》通常モンスター2体を除外して《ディノインフィニティ》リクルートする。

関連カード

―類似効果

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《魂の開封》 魔法 通常魔法

広告