死霊(しりょう)(いざな)い/Skull Invitation》

永続罠
カードが墓地へ送られる度に、
そのカードの持ち主は1枚につき300ポイントダメージを受ける。

 Thousand Eyes Bible −千眼の魔術書−で登場した永続罠
 カード墓地へ送られた時に、そのカード持ち主ダメージを与える効果を持つ。

 1枚につき300とあまり大きくない数値に見えるが、送られる場所やカードの種類を問わないため自分相手を構わず少なくない被害を受ける事になる。
 墓地肥やしを積極的に行う【ライトロード】等や、デッキを高速で回転させるソリティアデッキ等には、大きなダメージを負わせることができる。
 《隣の芝刈り》は絶好のメタ対象であり、チェーンして発動することで一気に大ダメージできる。

 自分カードのみ墓地に送らないカードなどは存在しないが、自分への効果ダメージはそれをトリガーとするカードで活用するのも手。
 《デス・ウォンバット》等といったバーン対策で比較的汎用性の高いモンスターを投入できる。
 《ダメージ・トランスレーション》トークンを展開する事も容易であり、トークンリリース等に使っても墓地へ送った扱いにはならないので、相性が良い。
 《ブラックフェザー・ドラゴン》なら、バーン戦闘ダメージで多大なダメージを与えられる。
 《ライフ・ストリーム・ドラゴン》耐性を持つ上にシャットアウトができるが、シンクロ召喚が難しい。

  • カード名は「さそい」ではなく「いざない」なので、宣言の際は注意。
  • 公式動画「(仮)スマがゆく!」のコーナーでは、動画内のイベントにて白咲が廃校となった校舎の教壇上の箱から入手した《拷問車輪》と入れ替えたカードとして登場。
    白咲の発言から自身同様イベント用カードを探す闇津に無駄足を食わせる(=箱の中に弱いカードを忍ばせる)作戦としてこのカードを箱に入れていた。
    その後作戦は当たり闇津自身もこのカードを見つけるが、闇津本人は「要らない。」と発言してそのまま箱を閉めた。
    結局の所、(仮)スマ二人に酷評された哀れなカードとなってしまった。
  • 原作・アニメにおいて―
    「バトルシティ編」におけるアニメオリジナル「闇バクラvsゴースト骨塚」戦で骨塚が使用。
    だが、闇バクラはこのカードにためらうことなく、攻撃力を上げる魔法カード《召霊術》(《死霊伯爵》参照)のコスト手札を4枚捨て、結局自分が不利な状況となった。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:この効果チェーンブロックをつくりますか?
A:いいえ、つくりません。(15/01/10)

Q:このカード適用中、「チェーン1:自分《死者への手向け》」「チェーン2:相手《マジック・ジャマー》」とチェーンが積まれた場合、効果ダメージはどのように処理しますか?
A:まず《死者への手向け》発動時点で手札コストとして1枚が墓地に送られ、ここで自分に300ダメージ発生します。
  そして次に《マジック・ジャマー》発動時に、ここでも手札コスト墓地に送られるため相手に300ダメージを与えます。
  その後逆順処理に入り、《マジック・ジャマー》効果《死者への手向け》破壊墓地に送るので、自分に300ダメージが入ります。
  最後に、チェーン処理を終えた時点で《マジック・ジャマー》墓地に送られ相手に300ダメージを与えます。(08/07/10)

Q:《手札抹殺》発動した場合は効果ダメージをどのように処理しますか?
A:《手札抹殺》効果処理後にこのカードの効果適用し、その後チェーン処理を終えて《手札抹殺》墓地へ送られた時点で再びこのカードの効果適用されます。(13/09/26)

Q:エクシーズ素材になっているカードコスト効果で取り除かれて墓地へ送られた場合でも、墓地へ送られたカードとして扱いにそのカード持ち主ダメージを与えますか?
A:はい、与えます。(11/05/26)

Q:3枚のカードが同時に自分墓地へ送られた場合、効果ダメージはどのように処理しますか?
A:900ダメージが1回発生します。(11/09/14)

Q:フィールドモンスターシンクロ素材として墓地へ送られた場合、ダメージを受けるタイミングはいつですか?
A:シンクロモンスターシンクロ召喚に成功したタイミングでダメージを受けます。(15/01/10)

Q:このカード表側表示で存在する状況で《ブラックフェザー・ドラゴン》《ライフ・ストリーム・ドラゴン》シンクロ召喚した場合の処理はどうなりますか?
A:《ブラックフェザー・ドラゴン》シンクロ召喚した場合、ダメージを受ける代わりに黒羽カウンターが置かれます。
  《ライフ・ストリーム・ドラゴン》シンクロ召喚した場合、受けるダメージは0になります。(15/01/10)

Q:《ブラックフェザー・ドラゴン》シンクロ召喚する際に、《ライオウ》効果発動されチェーンして《天罰》無効にした場合、効果ダメージはどのように処理しますか?
A:調整中(15/06/19)

Q:このカード適用されていて、お互いライフが100だとします。
  お互いモンスターが同時に墓地へ送られた時、引き分けとなりますか?
A:はい、引き分けとなります。(13/04/11)

Q:相手のこのカード適用されていて、お互いライフが100だとします。
  お互いモンスターが同時に墓地へ送られた時、自分フィールド《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》が存在する場合は自分の勝利となりますか?
A:はい、自分の勝利となります。(13/04/11)

Q:このカード自分フィールド相手フィールド両方に存在し、お互いライフが100だとします。
  お互いモンスターが同時に墓地へ送られた時、自分フィールド《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》が存在する場合はどうなりますか?
A:自分ターンの間にモンスター墓地へ送られた場合は、まず自分の《死霊の誘い》によってダメージが発生する扱いとなり引き分けとなります。
  相手ターンの間にモンスター墓地へ送られた場合は、まず相手の《死霊の誘い》によってダメージが発生する扱いとなり《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》の存在から自分の勝利となります。(13/04/11)

Q:このカード適用されていて、お互いにライフが100だとします。
  相手モンスター対象《死者への手向け》発動した場合どうなりますか?
A:この場合、手札コスト自分ライフが減った時点で決着となり自分の敗北となります。(13/04/12)

Q:このカード適用されていて、お互いにライフが100だとします。
  自分《地砕き》発動相手モンスター破壊した場合どうなりますか?
A:この場合自分ライフ《地砕き》により、相手ライフ破壊されたモンスターにより《死霊の誘い》の効果を受け0となり引き分けとなります。(13/04/12)

Q:このカード適用されていて、自分ライフが100だとします。
  自分《強欲な瓶》発動エクゾディアパーツが揃った場合どうなりますか?
A:この場合、エクゾディアパーツを揃えたプレイヤーの勝利となります。(13/10/14)


Tag: 《死霊の誘い》 永続罠

広告