邪神(じゃしん)イレイザー/The Wicked Eraser》

効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻   ?/守   ?
このカードは特殊召喚できない。
自分フィールドのモンスター3体をリリースした場合のみ通常召喚できる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、
相手フィールドのカードの数×1000になる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを破壊する。
(3):このカードが破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
フィールドのカードを全て破壊する。

 Vジャンプ(2007年3月号) 付属カードで登場した闇属性悪魔族最上級モンスター
 三邪神の一体であり、三邪神共通の召喚制限相手フィールドのカードの数によって攻撃力守備力が変動する永続効果自壊する起動効果フィールドリセットする誘発効果を持つ。

 召喚には3体のリリースが必要な上、特殊召喚もできず非常に重い
 加えてステータス相手フィールドカードの枚数に左右されるため安定しない。
 (3)のリセット効果も踏まえ、考えなしに召喚すると自分への損害の方が大きい。

 (1)の効果から相手フィールドに最低でも3枚以上のカードがある状態で召喚したいところ。
 《俊足のギラザウルス》《地獄の暴走召喚》ならば、相手モンスターを増やしつつリリース要員を確保できる。
 《おジャマトリオ》《リバイバル・ギフト》など相手フィールドモンスターを展開するカードも自身の強化につながる。
 《ブラック・ガーデン》ならリリースを揃える段階で相手フィールドローズ・トークンを展開するため、高攻撃力になりやすい。
 さらに攻撃力は半減してもその数値で固定されるため、相手カードを減らしても攻撃力は下がらない。

 しかし、いずれの戦術も相手ボード・アドバンテージを与えてしまう点は留意したい。
 それ以外では《心鎮壷》《魔封じの芳香》を使い、相手魔法・罠カードを封殺しつつ枚数を稼ぐ手もある。

 (2)の自壊効果自分メインフェイズ中に任意のタイミングで発動でき、そのまま(3)のリセット効果に繋げられる。
 (3)は強制効果なので《ジェネレーション・チェンジ》破壊してサーチ効果を使ってもタイミングを逃さない
 破壊される場所が限定されていないため、相手《神の宣告》等で除去されても発動できるのは強みといえる。
 ただし《奈落の落とし穴》《強制脱出装置》などの墓地へ送ることのない除去には無力。

  • 「イレイザー(eraser)」とは「抹殺者」、「削除者」また「消しゴム」と言う意味もある。
  • 原作でのテキスト効果は以下の通り。
    《THE DEVILS ERASER》
    星10/ATTACK   ?/DEFENSE   ?
    A god who erases another god.
    When Eraser is sent to the graveyard,
    all cards on the field go with it.
    Attack and defense points are 1000 times
    the cards on the opponent's field.
    (日本語訳)
    他の神を抹殺する神。イレイザーが墓地へ送られたとき、
    フィールド上のカード全てはイレイザーと共に墓地へ行く。
    攻撃力と守備力の値は、相手フィールド上のカードの数の1000倍になる。
  • 実は原作で効果が判明する前にOCGで詳細が判明したカードでもある。
  • 「城之内vsキース」戦での全体除去は、切断された《邪神イレイザー》の首から流れ出した黒い血が池のように広がり、その中にプレイヤーごとフィールドのカードが沈んでいくという描写がなされている。
    これに捕らわれたプレイヤーは自力で正気を取り戻すか他者に助けてもらわない限り命を落とすため、非常に危険なカードでもある。
    なお、「闇遊戯vs夜行」(2戦目)でも似たような演出はあったが、こちらはそこまで危険な状況には陥っていない。
  • 三邪神の中で唯一闇遊戯に倒されておらず、同時に唯一カードが破られた描写も無い。
  • OCGイラストでは見えないが、R5巻の書き下ろしイラストでは翼の外側に棘のようなものがいくつか付いている事が確認できる。
    また、OCG版のイラスト機械的な印象を受けるのに対し、R劇中における外見はより生物的なものとなっていた。
  • 攻撃力相手に依存するためか、キースには「相手によって左右される不甲斐ないモンスター」と言われ、海馬には「人頼みの神」「所詮まがい物」とまで酷評されている。
    漫画やアニメを通して切り札のはずの大型モンスターに対する使い手や他者の評価がここまで悪いのは非常に珍しい。

関連カード

―(1)の類似効果

―(2)の類似効果

―(3)の類似効果

収録パック等

FAQ

Q:効果の分類は何ですか?
A:『このカード攻撃力守備力は、相手フィールド上に存在するカードの枚数×1000ポイントの数値になる』効果は、永続効果です。
  また、『このカード破壊され墓地へ送られた時、フィールド上のカードを全て破壊する』効果は、誘発効果となります。
  なお、『自分フィールド上に表側表示で存在するこのカード破壊する事ができる』効果は、起動効果です。(13/03/13)

Q:相手フィールドモンスタートークンカードの数に数えますか?
A:はい、数えます。

Q:手札から破壊された場合、フィールド破壊効果発動しますか?
A:はい、発動します。

Q:装備魔法で強化できますか?
A:はい、できます。

Q:《進化する人類》を装備した《邪神イレイザー》の攻撃力はどうなりますか?
A:《邪神イレイザー》の攻撃力は、自分相手ライフポイントによって1000または2400となります。
  なお、装備された《進化する人類》が存在しなくなった場合は、自身の永続効果によって攻撃力が変化します。(13/03/13)

Q:《収縮》《巨大化》効果を受けた《邪神イレイザー》の攻撃力はどうなりますか?
  また、その後相手フィールド上に存在するカードの枚数が変動した場合、攻撃力はいくつになりますか?
A:《邪神イレイザー》の攻撃力は0となります。
  なお、装備された《巨大化》が存在しなくなった場合は、自身の永続効果によって攻撃力が変化します。
  また、《収縮》効果適用されなくなったエンドフェイズ以降は《邪神イレイザー》自身の永続効果によって攻撃力が変化します。(13/03/13)

Q:《BF−疾風のゲイル》効果を受けた《邪神イレイザー》の攻撃力はどうなりますか?
  また、その後相手フィールド上に存在するカードの枚数が変動した場合、攻撃力守備力はいくつになりますか?
A:《邪神イレイザー》の攻撃力守備力《BF−疾風のゲイル》の効果を受けた事で現在の数値から半分になります。
  なお、その後相手フィールド上のカードの枚数が変化しても、《邪神イレイザー》の攻撃力守備力は変化しません。(13/03/13)


Tag: 《邪神イレイザー》 モンスター 効果モンスター 星10 闇属性 悪魔族 攻? 守? 特殊召喚不可

広告