首領(ドン)・ザルーグ/Don Zaloog》

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1400/守1500
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
以下の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●相手の手札をランダムに1枚捨てる。
●相手のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

 Pharaonic Guardian −王家の守護者−で登場した闇属性戦士族下級モンスター
 ランダム手札破壊するか相手デッキトップ2枚を墓地へ送ることができる誘発効果を持つ。

 1つ目の効果は、戦闘ダメージトリガーとするハンデス効果であり、基本的にはこちらの効果を選択することになる。
 《収縮》等とは相性が良く、相手モンスター戦闘破壊しやすくなり、相手攻撃を返り討ちして、さらなるアドバンテージを得ることもできる。

 2番目の効果は、デッキ破壊
 こちらを主に使用する事は少ないだろうが、発動は任意でありある分には困らないので、相手墓地利用を行わない場合や特定の回収が難しいデッキであるなど、場合に応じて発動を考えていきたい。

 そのステータス闇属性戦士族であることからサポートカードが多く、サーチリクルートの手段が豊富にある点も利点となっている。
 手札破壊モンスターの中でも扱いやすいカードとなっている。

 【黒蠍】では、黒蠍盗掘団のリーダーとして《黒蠍団召集》黒蠍団員の展開を補助する役割も担う。
 特に、上級モンスターである《黒蠍−強力のゴーグ》にとっては、特殊召喚効果は大きな助けになる。
 他のデッキでは【トマハン】でも主力モンスターとなっている。

  • 海外版では持っている銃が短剣に変わっている。
    しかし、体に巻き付けた弾倉はそのままである。
  • 「ドン(首領)」という呼称は俗に悪の組織の頭目・親分の事を表し、実際アニメ内では団員達に「おかしら」と呼ばれていた。
    アニメZEXALIIでは同じニュアンスであろう名を持つ「ドン・サウザンド」が登場している。
  • この時は墓守の長等と同じく、自身がプレイヤーを兼ねていた。
    当初は部下と共に「マグレ警部」なるキャラクターに扮し、目的の遂行を狙っていた。
    セブンスターズ第四の刺客だったのか曖昧なまま話が終了したが、後の話の流れでは正式に刺客と認められたようだ。
    ダメージを受けた時に心配されていたりそれを切っ掛けに奮起されたりと団員達には慕われている。
    デュエル後は万丈目に団員共々引き取られ、精霊達と楽しく暮らしている様子が描かれた。
    その後万丈目はデュエル黒蠍連中を使用した事はないが、第3期EDの万丈目のカードの中にこのカードらしきカードをわずかに確認する事ができる。
  • アニメGXでこのキャラクターの声優を務めた楠大典氏は、後のアニメ5D'sで氷室仁、ZEXALIIで影の巨人の声を担当している。
  • アニメDMでは「戦いの儀」の前に海馬が遊戯に差し出したジュラルミンケースの中の1枚として確認できる。
  • アニメGXの「十代vsユベル」戦でユベルが使用した通常罠《ゼロ・ホール》のイラストにて、ザルーグの頭上にスパイク付きの鉄球が迫る様子が描かれている。
  • コナミのゲーム作品において―
    WCS2007ではアニメ準拠のデザインだったが、2008ではカード準拠のデザインとなった。
    また、2008では対戦相手として登場。
    使用するデッキは当然【黒蠍】である。
    決めゼリフの練習をしている、デッキ名が「犯人はこの中にいます」など、アニメの影響が見られる。

関連カード

戦闘ダメージを与えた時に手札破壊を行うカード《白い泥棒》を参照

―《首領・ザルーグ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:2つある効果の内、どちらを発動するか選択するのは効果発動時ですか?
A:はい、そうです。選択後は変更する事ができません。

Q:自分《追い剥ぎゴブリン》発動している時に《首領・ザルーグ》で戦闘ダメージを与えた時のチェーン順はどうなりますか?
A:「強制効果チェーン1、任意効果チェーン2であり、逆になることはない。」というのがチェーンを積むときのルールです。
 故に「1.《追い剥ぎゴブリン》」、「2.《首領・ザルーグ》」とチェーンを組み、逆順で処理します。

Q:相手デッキが1枚以下の場合、このカード墓地へ送る効果はどのようになりますか?(2枚墓地に送れないために効果発動しないか、1枚墓地へ送るか)
A:相手デッキが1枚以下の場合はデッキから墓地へ送る効果自体が発動する事ができないため、その効果を選択する事ができません。


Tag: 《首領・ザルーグ》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 戦士族 攻1400 守1500

広告