終焉(しゅうえん)(おう)デミス/Demise, King of Armageddon》

儀式・効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2400/守2000
「エンド・オブ・ザ・ワールド」により降臨。
(1):2000LPを払って発動できる。
フィールドの他のカードを全て破壊する。

 SHADOW OF INFINITYで登場した闇属性悪魔族儀式モンスター
 自身を除いたフィールドのカードを全て破壊する起動効果を持つ。

 ライフコストはやや高いが、それに見合うだけのリセット効果を持ち、そのまま直接攻撃に繋げることができる。
 攻撃力は低めで相手ターンは無防備なので、全体除去後はさらにモンスターを展開し1ターンキルにつなげたい。
 大きなライフコストを支払うため《巨大化》と相性がよく、全体除去後に攻撃力2800以上のモンスターを出して《巨大化》攻撃力を倍加すると1ターンキルとなる。
 これに特化したデッキ【デミスドーザー】【デミスガイア】であり、そのキーカードとして、第5期に一世を風靡した。

 儀式召喚には《高等儀式術》を使用して墓地を肥やし攻撃力2800以上のモンスターを出す下準備をするのが一般的。
 レベル昆虫族2体を送って《デビルドーザー》を出すのが【デミスドーザー】岩石族悪魔族落として《ダーク・コーリング》《E−HERO ダーク・ガイア》を出すのが【デミスガイア】である。
 現在のカードプールなら《青眼の白龍》等のレベル通常モンスター墓地に送り、《銀龍の轟咆》《思い出のブランコ》等で蘇生するのが扱いやすい。
 このカード蘇生したモンスターが同じレベル8なので、ランク8のエクシーズ召喚に繋げられる。
 恐竜族通常モンスター墓地に送り《究極伝導恐獣》に繋げるのもいいだろう。

 儀式魔法《奈落との契約》を選択すれば、《闇の支配者−ゾーク》等のレベル8・闇属性儀式モンスターと併用できる。
 《エンド・オブ・ザ・ワールド》《破滅の女神ルイン》と共有しているが、効果発動条件が噛み合わないので併用しない方がよい。
 なおどちらを使うにせよ、リリースするモンスターレベルは丁度8でなければならない。
 このため《儀式魔人リリーサー》を使うにはレベル5が必要になりやや使いづらい。

 《契約の履行》蘇生して効果発動すると自壊するため、《非常食》等で完全蘇生させたいところ。
 全体除去するためだけに使うと考えても良い。
 自分カードも巻き込んで破壊するため、《呪われた棺》《黄金の邪神像》発動条件も満たせる。
 同様の理由で《限定解除》での特殊召喚も考えられるが、ライフコストがかさむのが欠点である。

  • 「デミス(Demise、実際の発音はディマイズに近い)」とは、英語で「消滅」「終焉」を意味する。
    まさに肩書き通りの名なのだが、同時に「譲位」という意味もある。
  • 「終焉の王」よりも「終焉の使者」の方が、リセット効果の範囲が広い。
    しかし「王」は自らを巻き込むことなく終焉をもたらすため、そこが「王」と「使者」の違いなのだろうか。
  • アニメ5D's第5期OPの冒頭部分でこのカードが登場している。
    テキストは最新の用語に改められたカードが用いられている。
  • アニメARC-Vの第126話において、赤馬零王がリアルソリッドビジョンに関する話をしている際の回想シーンで、その姿が登場している。

関連カード

―名前関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:破壊効果チェーンして《エネミーコントローラー》で《終焉の王デミス》のコントロールが移った場合、《終焉の王デミス》は破壊されますか?
A:《終焉の王デミス》は破壊されません。(09/01/28)


Tag: 《終焉の王デミス》 儀式モンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 悪魔族 攻2400 守2000

広告