祝福(しゅくふく)教会(きょうかい)−リチューアル・チャーチ/Ritual Sanctuary》

フィールド魔法
「祝福の教会−リチューアル・チャーチ」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札から魔法カード1枚を捨ててこの効果を発動できる。
デッキから光属性の儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。
(2):自分の墓地の魔法カードを任意の数だけデッキに戻し、
デッキに戻した数と同じレベルを持つ、自分の墓地の天使族・光属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 コレクターズパック−閃光の決闘者編−で登場したフィールド魔法
 光属性儀式モンスター儀式魔法サーチする効果光属性天使族モンスター1体を蘇生させる効果を持つ。

 (1)の効果は、魔法カード手札コスト光属性儀式モンスター儀式魔法サーチする効果
 儀式モンスター儀式魔法サーチ手段が豊富にあるが、こちらはフィールド魔法《テラ・フォーミング》によるサーチができ召喚権を使わないため、即効性が高い。
 同名カード《テラ・フォーミング》儀式魔法手札でだぶついたとしてもそれらを手札コストにできるので、併用しても事故の危険性を高めることもない。
 儀式魔法を捨て、その同名カードサーチすることで、カード消費なしで墓地に所定の儀式魔法を置くことも可能。
 墓地効果を発揮する《祝祷の聖歌》などを置けば活用できる機会も増える。

 (2)の効果は、墓地から魔法カードデッキ戻す事で、光属性天使族モンスター1体を蘇生させる効果
 基本的には、(1)の効果コスト儀式召喚墓地魔法カードを貯めていく事になる。
 儀式魔法デッキへ戻せば、(1)の効果で再度サーチへ繋げられる。
 《テラ・フォーミング》と相性抜群であり、このカードサーチしつつ、墓地魔法カードを水増しできる。
 蘇生先としては、低レベル儀式召喚をサポートする《サイバー・プチ・エンジェル》が有力。
 また《死者蘇生》等の制限カードを使い回したり、《トゥーンのもくじ》デッキにあった方が都合が良いカードを戻し、再利用する手もある。
 また《魔神火炎砲》《エクゾディアとの契約》発動条件を満たしつつ、光属性天使族モンスター蘇生させることが出来る。

 (1)の効果は無視し、光属性天使族蘇生カードと見なすこともできる。
 高レベル蘇生墓地肥やしが必要で難しいが、《ブーテン》等の低レベルチューナーなら少ない枚数で蘇生可能。
 《アルカナフォース0−THE FOOL》守備表示蘇生させることでの維持もしやすい。
 変わったところでは【超量】では《超量妖精アルファン》がこのカード蘇生対象であり、《テラ・フォーミング》が自然と入るため選択肢の一つとなる。
 レベル1の天使族なら《コート・オブ・ジャスティス》《ワンチャン!?》発動条件を満たすこともできる。

  • フィールド魔法らしからぬイラストであり、カード名にある「教会」の要素が見当たらない。
    新郎新婦が描かれているため、「教会」の内部にあたる場所なのだろう。
    • アニメでこのカード発動された時は周囲に教会の内装が出現していた。

(1)と(2)の両方の効果に対応する天使族・光属性の儀式モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《祝福の教会−リチューアル・チャーチ》 魔法 フィールド魔法

広告