召喚(しょうかん)呪詛(じゅそ)/Summoning Curse》

永続魔法
このカードのコントローラーは自分のエンドフェイズ毎に
500ライフポイントを払う。
または、500ライフポイント払わずにこのカードを破壊する。
このカードがフィールド上に存在する場合に
モンスターが特殊召喚に成功した時、
そのモンスターのコントローラーは手札を1枚選択してゲームから除外する。

 DUELIST REVOLUTIONで登場した永続魔法
 エンドフェイズ毎の維持ライフコスト特殊召喚に成功したモンスターコントローラーに対してハンデスを科す効果を持つ。

 相手特殊召喚する度に手札除外させる形でハンデスできる。
 しかし、除外する手札相手が選択するため、相手が大量に特殊召喚してくる様でなければ影響は小さい。
 《裁きの龍》のような大型モンスターが相手では、手札1枚の差など焼け石に水であろう。
 また、セット通常召喚を駆使して手札を0枚にしてから特殊召喚されるとハンデスにならないという抜け道もあり、プレイングレベルで対処されることもある。
 しかし、《ネクロの魔導書》のような手札を0枚にすると発動できないカードや、《炎王の急襲》のような先に通常召喚を行い辛いカードに対しては、比較的有効に作用し得る。

 結局、牽制にはなっても特殊召喚されたモンスター自体には干渉できないため、《神の警告》《激流葬》などで除去した方が有効な場合も多い。
 そもそも、相手特殊召喚を妨害するならば、《虚無魔人》《虚無空間》などで封じてしまうこともできる。
 また、墓地利用よりも数は少ないが、《D・D・R》等で帰還につなげられてしまう可能性も考えられる。

 最大の利点は、特殊召喚したモンスターコントローラー効果を及ぼすため、こちらのカード相手フィールド特殊召喚しても効果の発動ができる点だろう。
 《おジャマトリオ》《ギブ&テイク》《素早いムササビ》《ミラクル・フリッパー》《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》等を用いれば能動的にハンデスを行える。
 自分召喚する度に相手の場にトークンを生成する《ブラック・ガーデン》《血の代償》《オネスト》コンボすれば相手だけ最大5枚の手札破壊が可能。
 これは《血の代償》禁止カードとなっている現在では実現できないが、妖仙獣下級モンスターであれば複数回召喚ができるため、これらで代用は可能である。
 しかし殆どの場合、相手側にカードを増やしていることに変わりはなく、手札を削り切らなければ手痛い反撃を受ける可能性は十分にある。
 上記のカード汎用性が高いとは言えず、このカード自体のサーチ手段も少ないことから、コンボとしての安定性は低い。

関連カード

モンスター相手フィールド上に特殊召喚する効果を持つカード

《誘発召喚》等の任意効果のものは除く
―※印のカード自分フィールド上にも特殊召喚されることがある

収録パック等

FAQ

Q:除外チェーンブロックを作りますか?
A:はい、チェーンブロックが作られます。(10/04/17)

Q:手札が0枚でも発動しますか?
A:はい、発動します。(13/09/23)

Q:自分《おジャマトリオ》発動した場合、除外するのはどちらの手札ですか?
A:《おジャマトリオ》効果によって特殊召喚されたおジャマトークンコントローラーである相手除外します。(10/04/17)

Q:自分モンスター自分フィールド上に特殊召喚し、除外する効果チェーンをして、《エネミーコントローラー》等でその特殊召喚したモンスターコントロール相手に移った場合はどちらが手札除外しますか?
A:その場合相手手札除外します。(10/04/19)

Q:除外する効果処理の時にその特殊召喚したモンスターフィールド上に存在しない場合は除外する効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(10/04/19)

Q:自分フィールド上に1度の処理で複数のモンスターが同時に特殊召喚された場合でも除外する手札は1枚だけですか?
A:はい、1枚だけになります。(10/04/19)

Q:手札が0枚の場合でもそのプレイヤー特殊召喚を行なうことは可能ですか?
A:はい、可能です。(10/04/17)

Q:自分《浅すぎた墓穴》等を発動してお互いフィールド上にモンスター特殊召喚された場合、お互い手札除外しますか?
A:はい、お互い手札を1枚除外する処理になり、ターンプレイヤーから先に除外する処理を行います。(10/04/25)


Tag: 《召喚の呪詛》 魔法 永続魔法

広告