召喚制限(しょうかんせいげん)−ディスコードセクター/And the Band Played On》

永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、
お互いのプレイヤーは、
自身のフィールド上のモンスターと同じレベルを持つモンスターを特殊召喚できない。
また、お互いのプレイヤーは、
自身のフィールド上のモンスターと同じランクを持つモンスターを特殊召喚できない。

 PRIMAL ORIGINで登場した永続罠
 お互い自分フィールド上のモンスターと同レベルランクモンスター特殊召喚できなくする。

 「同じレベルモンスター特殊召喚できない」ということは、「同ランクエクシーズ召喚を封じる」ことに近い。
 通常召喚特殊召喚したモンスター効果で展開を行うデッキに対しては、単純な戦力増強すら許さないため、《デビリアン・ソング》《飛翔するG》以上に強力なメタカードとなる。
 特殊召喚を経由する事がほとんどになる、高レベル同士でのエクシーズ召喚を狙うデッキには特に強い。

 一方で上記のような手順を踏まないエクシーズ召喚を行うデッキに対しての影響力は薄く、例えば【紋章獣】《紋章獣アンフィスバエナ》紋章獣や、フィールドレベルランク4がいない状態での《高等紋章術》などは通常どおり可能になる。
 《ブリキンギョ》《カゲトカゲ》を採用した【ガジェット】であっても、《二重召喚》にはすり抜けられてしまう。
 【ヴェルズ】【スピリット】といった、フィールドが空の状態からの特殊召喚や、召喚権追加が主体となるものにもあまり刺さらない。
 また《幻水龍》《幻木龍》【ガガガ】などの展開後にレベルを変更するものであったり、そもそもレベルを揃えないシンクロ召喚アドバンス召喚軸のデッキや、単体でのビートダウンが多いデッキにも有効ではない。
 そのため、主にこういったデッキ側が、前述の性質を持つデッキメタを張る目的で採用する事になるだろう。

 同ランクエクシーズモンスター特殊召喚させない効果は、レベルを拘束する効果に比べ縛りが緩い。
 ただ決して軽視できるものではなく、あって困る効果ではない。

関連カード

カード名関連

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:このカード適用中、自分フィールドには《レスキューラビット》1体のみが存在しています。
  《レスキューラビット》効果発動し、デッキ《ヴェルズ・ヘリオロープ》2体を特殊召喚する事はできますか?
A:可能です。ただし効果発動前にデッキ特殊召喚可能なモンスター(この場合レベル1〜3の通常モンスター同名カード2枚)がデッキに存在する必要があります。(14/02/21)

Q:《ワーム・ゼクス》自分フィールド上に表側表示で存在する時、墓地に存在する《ワーム・ヤガン》裏側守備表示特殊召喚できますか?
A:裏側守備表示特殊召喚するとしても、墓地レベルが4と判明しているため特殊召喚できません。(14/02/24)

Q:《ゴーストリック・フロスト》自分フィールド上に表側表示で存在する時、手札に存在する《ゴーストリック・ランタン》裏側守備表示特殊召喚できますか?
A:手札から特殊召喚するとしても、発動の際に《ゴーストリック・ランタン》相手に知らせる必要があり、その際にレベルが1と判明してしまうため特殊召喚できません。(14/02/24)

Q:自分フィールド上にランク5のエクシーズモンスター1体が表側表示で存在する時、相手は自分の《RUM−七皇の剣》チェーンしこのカード発動しました。
 《No.102 光天使グローリアス・ヘイロー》特殊召喚した場合、続けて《CNo.102 光堕天使ノーブル・デーモン》特殊召喚されますか?
A:その場合、《No.102 光天使グローリアス・ヘイロー》の特殊召喚及び《CNo.102 光堕天使ノーブル・デーモン》をエクシーズ召喚する処理は行えません。(14/04/04)

Q:このカードの効果適用されている場合、《名推理》《モンスターゲート》発動できますか?
  フィールドモンスターと異なるレベルモンスターデッキにいるかどうかで異なりますか?
A:ご質問の場合でも、《名推理》《モンスターゲート》発動できます。
  既にフィールドに存在しているモンスターと同じレベルモンスターをめくった場合、特殊召喚は行えず他のカードと一緒に墓地へ送ります。(15/03/21)

Q:《真紅眼の飛竜》破壊されたときに発動した《真紅眼の遡刻竜》効果に、このカードチェーンしました。
  この場合、《真紅眼の飛竜》特殊召喚されますか?
A:特殊召喚されます。(16/09/03)


Tag: 《召喚制限−ディスコードセクター》 永続罠

広告