心鎮壷(シン・ツェン・フー)/Xing Zhen Hu》

永続罠
フィールド上にセットされた魔法・罠カードを2枚選択して発動する。
このカードがフィールド上に存在する限り、
選択された魔法・罠カードは発動できない。

 RISE OF DESTINYで登場した永続罠
 セットされた魔法・罠カード2枚を対象にとって発動を封じる効果を持つ。

 一時的なアドバンテージとはいえ数少ない1:2交換カードであり、そのままロックするだけでも効果は大きい。
 相手はこのカード除去しなければ選択された魔法・罠カード発動が出来ず、確実に手間を喰うことになる。
 タイミング次第でカウンター罠さえ発動不可に追い込むことができる。
 なお、このカードの発動時に指定されたカードチェーン発動することは可能なため、フリーチェーンに当たった場合は空振りになる可能性が高い(発動時に選択したもう1枚は封じれるため不発にはならない)。
 よって、エンドサイクの要領で相手カードを伏せたターンエンドフェイズに発動するのが良いだろう。

 《神炎皇ウリア》《邪神イレイザー》を使うデッキ《宇宙の収縮》を用いた【コスモロック】で活用できる。
 《魔封じの芳香》コンボする事で、簡易ロックをかけることもできる。
 また、相手フィールド魔法・罠カードを溜めておく事で、《ブレイクスルー・スキル》等のように墓地からも発動ができる罠カードや、魔法・罠カードが存在しないことを条件とする《冥府の使者ゴーズ》《黄泉ガエル》特殊召喚を封じる事もできる。
 《ジェスター・ロード》とは特に相性が良く、最低でも攻撃力を3000ポイントアップさせられる。
 相手カード破壊しつつ他のカード発動に繋げる《甲虫装機 ホーネット》《暗黒界の雷》とも相性が良く、効果の対象を安全に確保する事ができる。

  • 英語名は中国語で「Xing Zhen Hu」となっているが、「心」の綴りは「Xin」が正しい。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作にて登場した「龍札(ドラゴンカード)」というゲームで使われた壷が元ネタで、イラストも劇中の1コマから取られている。
    このゲームは1対1で行うものであり、敗者は魂をこの壷に封印されてしまう。
    封印された井守の魂は原作ではまだ戻ってきていないが、「真理の福音」によれば恐怖度は《マインドクラッシュ》よりも軽い4(5段階評価)である。
    ちなみに、封印した魂を3ヶ月かけて消化するため、現物は一度に1つの魂しか封印できない。

関連カード

セットされた魔法・罠カード発動を封じる効果

収録パック等

FAQ

Q:このカード発動されカードを選択された場合、その選択されたカードチェーン発動できますか?
A:はい、発動できます。

Q:選択した2枚のカードの内1枚が、効果解決時フィールド上から存在しなくなった場合どうなりますか?
A:不発にはならず、残りの1枚だけが発動できなくなります。

Q:このカードの効果で選択されたカードフィールド上から離れた場合、このカードは残り続けますか?
A:はい、残り続けます。

Q:このカードの効果発動ができない《和睦の使者》があります。
  この《和睦の使者》《おとり人形》でめくった場合、《和睦の使者》効果適用されますか?
  (発動できないだけなので、強制発動したなら発動タイミングは正しいか?)
A:はい、適用されます。(08/09/24)

Q:このカードの効果セットされた魔法・罠カードを選択して発動できない状態の時に、《王宮のお触れ》効果適用され、その後《王宮のお触れ》フィールドを離れた場合、選択したセットされた魔法・罠カードは再び発動できなくなりますか?
A:はい、再び効果適用され発動できなくなります。(10/12/01)


Tag: 《心鎮壷》 永続罠

広告