深淵の暗殺者(ナイト・アサシン)/Night Assailant》

効果モンスター(制限カード)
星3/闇属性/悪魔族/攻 200/守 500
リバース:相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択して破壊する。
また、このカードが手札から墓地へ送られた時、
自分の墓地に存在するリバース効果モンスター1体を手札に戻す。

 ※テキスト中の「リバース効果モンスター」は「リバースモンスター」を指す。

 ファラオの遺産で登場した闇属性悪魔族下級リバースモンスター
 リバースした場合に相手フィールド上のモンスター破壊する誘発効果、このカード以外のリバースモンスターサルベージする誘発効果を持つ。

 2体以上のモンスター攻撃してきた時、になって1体、破壊効果でもう1体の攻撃を受け止めることができる。
 《人喰い虫》《執念深き老魔術師》と同じくでありながら破壊系のモンスター除去としての運用が可能。

 また、自身が手札から墓地へ送られた時にリバースモンスターサルベージする強制効果を持つ。
 いかなる方法で墓地へ送られても良く、《メタモルポット》等の制限カードであるリバースモンスターサルベージして再利用できる。
 このカード捨てることで《死者転生》《ライトニング・ボルテックス》等の手札消費を抑えることも可能。
 リバースモンスターの多いシャドールとは相性が良く、このカード融合素材として墓地へ送ることでシャドールを回収し、次の融合素材を確保できる。

 種族レベル攻撃力に恵まれており、《デブリ・ドラゴン》から蘇生すればレベルシンクロモンスターを、《魔界発現世行きデスガイド》からリクルートすればランクエクシーズモンスターを出すことが可能。
 単体でも運用可能なので腐ることも少なく、《ダーク・バースト》サルベージも可能であるため多方面での活躍を期待できる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果で、効果発動した自身を手札戻す事はできますか?
A:いいえ、できません。(12/07/20)

Q:このカードの効果で、元々墓地にいた別の《深淵の暗殺者》を手札戻す事はできますか?
A:はい、できます。(14/01/25)

Q:手札にこのカードがある時に、自分《メタモルポット》戦闘によってリバース戦闘破壊されました。
  このリバース効果手札から捨てられたこのカードの効果によって、戦闘破壊された《メタモルポット》回収できますか?
A:いいえ、できません。
  《メタモルポット》によって手札から墓地へ捨てられたこのカードの効果は、《メタモルポット》墓地へ送られる前に発動します。
  つまり、効果発動時にはこの《メタモルポット》墓地に存在しませんので、対象に選択できません。(08/04/22)

Q:ダメージ計算中に相手発動した《オネスト》に対して、コストとしてこのカード捨てて《天罰》発動無効にしました。
  ダメージ計算時にチェーンは1度しか発生しませんが、この場合このカードの効果発動しますか?
A:はい、《オネスト》《天罰》チェーン処理が終了した後に発動します。
  なお、ダメージ計算はこのカードの効果処理が終了した後に行います。(10/06/18)


Tag: 《深淵の暗殺者》 リバースモンスター 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 悪魔族 攻200 守500

広告