真紅眼の遡刻竜(レッドアイズ・トレーサードラゴン)/Red-Eyes Retro Dragon》

効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1700/守1600
(1):自分フィールドのレベル7以下の「レッドアイズ」モンスターが
相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊され自分の墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚し、
可能な限りその破壊されたモンスターを破壊された時と同じ表示形式で特殊召喚する。
(2):このカードをリリースして発動できる。
このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに「レッドアイズ」モンスター1体を召喚できる。

 20th レジェンダリー・コレクションで登場した闇属性ドラゴン族下級モンスター
 レッドアイズ破壊された場合に自身を特殊召喚してそれらを蘇生する誘発効果、自身をリリースしてレッドアイズ召喚権を増やす起動効果を持つ。

 (1)の効果は、レベル7以下のレッドアイズ破壊された場合に手札から特殊召喚し、破壊されたレベル7以下のレッドアイズを可能な限り蘇生するというもの。
 1ターンキルの阻止や、フィールドレッドアイズを維持することによる《真紅眼の鎧旋》サポートとして活躍できる。
 ただし、完全に相手依存である上、レベル8以上のレッドアイズのみが破壊された場合や、破壊以外の方法で除去された場合には対応できない。
 また、《真紅眼融合》を使用したターンには、制約により発動できない。

 (2)は、自身をリリースして、レッドアイズ限定で召喚権を増やす効果である。
 このカードフィールドに残らないため、上級レッドアイズアドバンス召喚には他にリリースが必要となり、下級レッドアイズを追加召喚してもエクシーズ召喚は狙えない。
 そのため、主な用途はレッドアイズデュアルモンスター再度召喚になるだろう。
 自分ターンの展開中に《激流葬》などを打たれた場合に、(1)の効果特殊召喚して召喚権を追加することが可能である。
 このカード召喚召喚権を消費してしまうと意味が無いので、《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》《レッドアイズ・スピリッツ》蘇生させるのもよい。
 しかし、再度召喚させるだけならば《化合電界》《スーペルヴィス》の方が汎用性が高く、無理に狙う必要はない。

 また、このカード《黒鋼竜》を装備してリリースすることで、即座にレッドアイズカードサーチすることができる。
 ただし、フィールドモンスターを減らすことになるので、使うべき状況かどうかをよく見極めたい。

 どちらの効果も癖が強いので、闇属性下級レッドアイズとしての側面に重点を置いてもよい。
 《伝説の黒石》コストとしてデッキ戻しても手札事故に繋がりにくく、《真紅眼の飛竜》とは違い《闇の誘惑》《ダーク・アームド・ドラゴン》コストにできる。
 闇属性が指定されたシンクロ素材エクシーズ素材にも利用できるので、これらの特長を活かせるデッキでは活躍できるだろう。

関連カード

イラスト関連

レベル7以下のレッドアイズモンスター《伝説の黒石》を参照。

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ相手効果破壊された時に(1)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(15/05/25)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》フィールドに存在する時にこのカードの(1)の効果発動した場合、手札のこのカード特殊召喚する処理のみ行われますか?
A:いいえ、その場合、(1)の効果処理は全て無効化されて、手札から特殊召喚する処理も行われません。(15/06/11)


Tag: 《真紅眼の遡刻竜》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 ドラゴン族 攻1700 守1600 レッドアイズ

広告