真閃(しんせん)こう(りゅう) スターダスト・クロニクル/Stardust Chronicle Spark Dragon》

 ※「こう」は機種依存文字のためひらがなで代用しています。正しくは玉偏に光。

シンクロ・効果モンスター
星10/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
Sモンスターのチューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上
このカードはS召喚でしか特殊召喚できない。
(1):1ターンに1度、自分の墓地のSモンスター1体を除外して発動できる。
このカードはターン終了時まで、他のカードの効果を受けない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが相手によって破壊された場合、
除外されている自分のドラゴン族Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 遊戯王5D's 第9巻 付属カードで登場した光属性ドラゴン族シンクロモンスター
 1ターンに1度墓地シンクロモンスター1体を除外する事で、自身に効果を受けない耐性を付与する誘発即時効果と、相手によって破壊された場合に、ドラゴン族シンクロモンスター帰還させる誘発効果を持つ。

 (1)の効果は自身に効果を受けない耐性を付与する効果
 《神竜騎士フェルグラント》等と違い自身限定だが、あらゆる効果を受け付けなくなり、除去弱体化耐性としては非常に心強い。
 コストシンクロモンスターが必要だが、一部例外を除けばシンクロ素材にした2回分が確保されているため、かなりの場持ちが期待できる。
 自身の強化も受け付けなくなるのは難点だが、《一騎加勢》などの残存効果による強化は引き継がれるので利用してもいい。
 チェーンブロックを作る効果故に相手カードの効果からも無敵というわけではなく、《幽鬼うさぎ》フリーチェーンカードには気をつけたい。

 (2)の効果は、相手によって破壊された場合に、ドラゴン族シンクロモンスター帰還させる効果
 (1)の効果と連続性の高いシナジーを持ち、不安要素である単純な戦闘破壊後をフォローできる能力と言える。
 (1)のコスト帰還対象を用意しつつ、効果の穴である除外バウンスを防げる。
 除去効果を持つ《月華竜 ブラック・ローズ》《えん魔竜 レッド・デーモン》で返しのターンに備えるのが有効だろう。

 効果を有効に使うためにも、シンクロ素材にはドラゴン族シンクロモンスターを利用したいところ。
 また非チューナー側の再利用性・汎用性を重視すると、チューナー側を低レベルに抑える必要も出てくる。
 シンクロチューナーにはドラゴン族レベル操作が可能な《波動竜フォノン・ドラゴン》が適任か。

 同じシンクロ素材指定を持つ《スターダスト・ウォリアー》《TG ブレード・ガンナー》と比較すると、カードの効果による除去には総じて強いモンスターと言える。
 一方で単純な高打点モンスターには戦闘破壊されるため相性が悪く、特に《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》は(2)の効果も封じられるため天敵である。
 また上記2体とは異なりシンクロ召喚以外での特殊召喚が不可能になっているため、再利用するにはエクストラデッキに戻す必要がある。

  • 「クロニクル(Chronicle)」とは「年代記(出来事・事件を年ごとに記した歴史書)」のこと。
  • シンクロ召喚時の口上は「星流れる痕に紡がれる全ての想い…!絆と共にこの世界を満たさん!!アクセル・シンクローッ!!光来せよ!!《真閃こう竜 スターダスト・クロニクル》!!」。

関連カード

―同様のシンクロ素材指定のシンクロモンスター《TG ブレード・ガンナー》を参照。

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:できません。(15/06/03)

Q:(2)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:できます。(15/06/04)


Tag: 《真閃こう竜 スターダスト・クロニクル》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星10 光属性 ドラゴン族 攻3000 守2500 スターダスト 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告