進化合獣(しんかごうじゅう)ダイオーキシン/Poly-Chemicritter Dioxogre》

デュアル・効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2800/守 200
(1):このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
(2):フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。
その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードがモンスターゾーンに存在する限り、デュアルモンスターの召喚は無効化されない。
●1ターンに1度、自分の墓地のデュアルモンスター1体を除外し、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した闇属性悪魔族最上級デュアルモンスター
 デュアルモンスター共通のルール効果を持ち、再度召喚することでデュアル召喚無効化されない永続効果墓地コスト相手フィールドのカード破壊する起動効果を得る。

 再度召喚で得られる効果のうち一つ目の効果デュアル召喚無効にされない効果
 再度召喚時も妨害されないが、自身の召喚無効にされる可能性があり、《スーペルヴィス》などで召喚を経由せずに再度召喚しておかないと活かしにくい。
 また、召喚無効にするカードのほとんどがモンスター効果魔法・罠カード無効にする効果があるため腐らせづらい。
 この効果はあてにせず、二つ目の効果をメインにしていきたい。

 二つ目の効果墓地デュアルコスト除去を行う効果
 相手カードならばカードの種類を問わずに破壊できる。
 攻撃力も高いため、耐性のあるモンスター戦闘破壊で突破しやすい。
 ただし蘇生との相性は悪く、1ターンに1度と言えど、乱発は控えたい。
 《完全燃焼》とは相性が良く、最上級モンスターであるこのカードリクルートしながら(2)の効果モンスター帰還させることができる。

  • カード名の由来はダイオキシン類と思われる。
    塩素を含む物質の不完全燃焼により発生し、人に対し発ガン性があるとされる有害物質である。
    なお、ダイオキシンという名の化学物質は存在せず、ベンゼン環を酸素原子1つ挟んで骨組みしたジベンゾフランと、酸素原子2つでつないだジベンゾダイオキシンという基本構造に塩素が付いた化合物を総称して「ダイオキシン類」と呼ぶ。
  • しかし、イラストにはダイオキシン類の要素はない。
    イラストの胸部には「CO2」のマークがあり、これは炭素1つと酸素2つからなる「二酸化炭素」のことを示している。
    「ダイ」「オーキシン」とは、2を意味するギリシャ語の接頭詞「di」と酸素(オキシン)を合わせ、二酸化物を意味する様である。
    また、鬼の様な風貌や悪魔族という点から、「大王」「鬼神」とも掛けていると思われる。

関連カード

イラスト関連

―《進化合獣ダイオーキシン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《進化合獣ダイオーキシン》 モンスター デュアルモンスター 効果モンスター 星8 闇属性 悪魔族 攻2800 守200 化合獣

広告