人造人間(じんぞうにんげん)−サイコ・ジャッカー/Jinzo - Jector》

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻 800/守2000
「人造人間−サイコ・ジャッカー」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り
「人造人間−サイコ・ショッカー」として扱う。
(2):このカードをリリースして発動できる。
デッキから「人造人間−サイコ・ジャッカー」以外の「人造人間」モンスター1体を手札に加える。
その後、相手の魔法&罠ゾーンにセットされたカードを全て確認する。
その中に罠カードがあった場合、
その数まで手札から「人造人間」モンスターを特殊召喚できる。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した闇属性機械族下級モンスター
 フィールド墓地《人造人間−サイコ・ショッカー》として扱うルール効果、自身をリリース人造人間サーチ及び特定条件下で特殊召喚できる起動効果を持つ。

 (1)の効果によりカード名《人造人間−サイコ・ショッカー》として扱えるが、罠カードを封じる効果はないため《電脳増幅器》を装備させても意味がない。
 よって主な使い方は《人造人間−サイコ・ロード》特殊召喚コスト《人造人間−サイコ・リターナー》蘇生することになる。
 特に《人造人間−サイコ・ロード》特殊召喚コストとしては上級モンスターである本来の《人造人間−サイコ・ショッカー》よりも利用しやすい。
 《人造人間−サイコ・リターナー》から蘇生させる場合は(2)の効果に繋げるか、《地獄の暴走召喚》《人造人間−サイコ・ショッカー》を並べるのが基本となるだろう。

 (2)は人造人間サーチと、伏せカードピーピング、及びその中に含まれる罠カードの数まで人造人間特殊召喚できる効果
 この効果《人造人間−サイコ・ショッカー》を擬似リクルートできれば、確認した罠カードを無力化させることができる。
 ただ、罠カードセットされていない場合は特殊召喚できず、特殊召喚の可否が相手のプレイングに依存しており不安定。
 またこのカード召喚から効果発動までの間にフリーチェーン罠カード発動されてしまう可能性も考えられる。
 この性質を逆手に取って「相手罠カード発動を強要するカード」と見るのも手だろう。

 《人造人間−サイコ・ロード》は(2)の効果では特殊召喚ができず、発動コストとしてこのカードリリースしてしまうため、若干噛み合わせが悪い。
 一応、《人造人間−サイコ・ショッカー》か2枚目のこのカード手札に保持した状態で(2)の効果を使えば特殊召喚は可能。

  • これまで人造人間はスキンヘッドばかりであったが、このモンスターは頭部に太いケーブルが多数接続されドレッドヘアのようになっている。
    これを見るに、カード名の「ジャッカー」とはSF用語の「ジャック・イン」に由来しているのだろう。
    「サイバーパンク」と呼ばれるジャンルの代表作『ニューロマンサー』で登場した概念で、「脳をコンピューターに直結する事で、電脳空間に意識ごと侵入する事」である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手フィールドセットされた魔法・罠カードが存在しない場合でも(2)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/11/14)

Q:《虚無空間》フィールドに存在する場合でも(2)の効果発動できますか?
A:はい、発動でき、手札に加え確認する処理まで行なう事ができます。(14/11/14)


Tag: 《人造人間−サイコ・ジャッカー》 モンスター 星4 闇属性 機械族 効果モンスター 攻800 守2000 人造人間

広告