仁王立(におうだ)ち/Rise to Full Height》

通常罠
「仁王立ち」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの守備力は倍になり、ターン終了時にその守備力は0になる。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、相手は対象のモンスターしか攻撃できない。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した通常罠
 守備力を倍にしてターン終了時に0にする効果墓地から除外して攻撃対象を制限する効果を持つ。

 (1)の効果は似た効果《D2シールド》と違って現在値の守備力を倍にするため、《結束 UNITY》等と合わせる事で凄まじい強化が可能。
 ただし、エンドフェイズには守備力0となってしまうため、繰り返しとして使うことはできない。
 《D2シールド》のように《反転世界》等と組み合わせたり、相手モンスターも選択できるので1ターン必要だがいざとなれば戦闘破壊の補助にもなる。
 《D2シールド》自体との相性も良く、最大で元々の守備力の4倍の守備力にしたり、こちらのデメリット《D2シールド》で帳消しにしたりできる。

 (2)の効果は、相手からの攻撃強化したモンスターに誘導するだけでなく、《魔知ガエル》等の「攻撃対象にできない」モンスターとのコンボ攻撃を封じるといった動きも取れる。
 また、効果適用した後であれば、対象モンスターフィールドを離れた場合も、相手直接攻撃を含め一切の攻撃が行えなくなる。
 《PSYフレームロード・Ω》はとりわけ相性が良く、自身を除外する効果と、除外されたこのカード墓地へ戻す効果によって、相手手札がある限り相手攻撃を封じる事ができる。

 どちらの効果【アステカ】との相性がよく、1ターンキルを行えばデメリットも気にならない。
 イラスト通り、【超重武者】《超重武者ビッグベン−K》等を強化して攻撃するのも有効で、弱体化《超重武者装留ブレイク・アーマー》とのコンボで逆手に取る事ができる。
 自力で除外できるため、【フルモンスター】型でも採用可能。
 《超重武者装留バスター・ガントレット》も存在するが、あちらは直接攻撃に使えず、上記の《D2シールド》と同様の使い方もできるため、併用も視野に入る。

  • 仁王立ちとは、文字通り仁王(=金剛力士)の像のようにどっしりと力強い様相で立つことを言う。
    ただイラストも含めて考えると元ネタは弁慶の立ち往生だろう。
    義経を敵から守るために身を挺してまで守り、立ったまま死んだと言われている。
    効果もそれに合わせてか、攻撃対象の限定や守備力強化で他のモンスター主君から守り、最後には力尽きてしまう。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:(2)の効果適用した後に特殊召喚されたモンスターも、対象モンスター攻撃しなければいけませんか?
A:はい、攻撃しなければいけません。(16/01/20)

Q:《仁王立ち》の(2)の効果相手攻撃宣言後、攻撃対象以外のモンスター対象発動できますか?
  また、可能な場合その攻撃はどうなりますか?
A:ご質問の場合、《仁王立ち》の(2)の効果発動する事はできます。
  なお、《仁王立ち》の(2)の効果発動した事で、戦闘巻き戻しが発生し、《仁王立ち》の効果適用されたモンスター攻撃対象を変更するか、攻撃をやめるか選択する事になります。(16/01/27)

Q:《仁王立ち》の(2)の効果適用されているモンスター攻撃対象として相手攻撃宣言を行った時に《ルーレット・スパイダー》発動し、サイコロの2の目が出た場合、攻撃はどうなりますか?
A:『2・その攻撃を自分への直接攻撃にする』効果適用されず、相手モンスター自分モンスター戦闘を行います。(16/05/01)

Q:《仁王立ち》の(2)の効果適用されている、《青氷の白夜龍》以外のモンスター攻撃対象として相手攻撃宣言を行った時に自分《青氷の白夜龍》の(2)の効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(16/05/01)

Q:《仁王立ち》の(2)の効果適用されているモンスター攻撃対象として相手攻撃宣言を行った時に《水精鱗−アビストリーテ》《シフトチェンジ》効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(16/05/05)

Q:自分《地縛神 Cusillu》対象にこのカードの(2)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。
  その場合、《地縛神 Cusillu》効果と、このカードの効果適用されますので、相手モンスター攻撃をすること自体ができなくなります。(17/08/07)

Q:自分フィールド《磁力の指輪》を装備しているモンスターが存在する場合に、別のモンスター対象にこのカードの(2)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。
  その場合でも、相手《磁力の指輪》を装備しているモンスター攻撃する事になります。(17/08/07)

Q:《仁王立ち》が2枚墓地にある時、同一ターンに(2)の効果を別々の2体のモンスターにそれぞれ発動できますか?
A:はい、発動できます。
  この場合、どちらにもそれ以外にも攻撃ができなくなります。(16/08/04)

Q:《仁王立ち》が2枚墓地にある時、同一ターンに(2)の効果を同一の1体のモンスター発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(16/07/14)


Tag: 《仁王立ち》 通常罠

広告