星遺物(せいいぶつ)−『星鎧(せいがい)』/World Legacy - "World Armor"》

効果モンスター
星7/闇属性/機械族/攻2500/守2500
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):モンスターが反転召喚に成功した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。
(3):通常召喚したこのカードが存在する場合、
EXデッキから特殊召喚された相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとこのカードを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 CIRCUIT BREAKで登場した闇属性機械族最上級モンスター
 反転召喚トリガーに自身を手札から特殊召喚する誘発効果召喚・特殊召喚に成功した場合に星遺物サーチできる誘発効果エクストラデッキから特殊召喚された相手モンスターと自身を手札戻す誘発即時効果を持つ。

 (1)は自身を特殊召喚する効果
 反転召喚トリガーとするため、自然と反転召喚が多くなるデッキならば特殊召喚は難しくない。
 メインデッキモンスターリバースモンスターで構成されている【クローラー】とは、サポートカードである《星遺物に差す影》《星遺物の傀儡》を(2)の効果サーチできる点でも相性が良い。
 【占術姫】【ゴーストリック】などでも特殊召喚は狙いやすいが、他の効果は少々生かしにくい。
 【星杯】で使用する際は、《バースト・リバース》《月の書》など、反転召喚をサポートする手段を準備しておかないと腐る可能性がある。

 (2)は召喚・特殊召喚に成功した場合の星遺物サーチ効果
 同じ星遺物サーチする効果を持つ《星遺物−『星杯』》とはサーチ効果発動条件が異なる。
 《星遺物−『星杯』》は別途墓地へ送る手段を必要とする点に対し、このカードは自己特殊召喚から即座にサーチが可能だが、モンスター反転召喚させる一手間が必要となる。
 《星遺物−『星杯』》の場合は墓地から除外してしまうと《星杯剣士アウラム》の自己強化を阻害するため、こちらを採用することも考えられる。
 前述した通りサーチできるカードにはクローラーサポートカードも含まれており、特殊召喚の条件も満たしやすいため【クローラー】に採用すれば効果を最も活かせるだろう。

 (3)は相手モンスターと自身をバウンスする効果
 通常召喚されている必要があるという条件が厳しく、自身による特殊召喚で展開した場合は効果発動できない。
 種族属性アドバンス召喚をサポートするカードに恵まれているが、この効果をメインとして運用する場合、(1)(2)の効果とのシナジーを考えない、全く違った運用法となる。
 最上級モンスターとしては控えめだがステータスは低いわけではないため、アドバンス召喚軸のデッキでは選択肢となるか。

  • 「星鎧」はイエス・キリストの遺体を包んだ布である「聖骸布」が聖遺物となっていることから「聖骸」とかかっていると思われる。

関連カード

―《星遺物−『星鎧』》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《星遺物−『星鎧』》 モンスター 効果モンスター 星7 闇属性 機械族 攻2500 守2500 星遺物

広告