星態龍(せいたいりゅう)/Star Eater》

シンクロ・効果モンスター
星11/光属性/ドラゴン族/攻3200/守2800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードはシンクロ召喚でしか特殊召喚できない。
このカードのシンクロ召喚は無効化されず、
このカードがシンクロ召喚に成功した時、
魔法・罠・効果モンスターの効果は発動できない。
また、このカードが攻撃する場合、
このカードはダメージステップ終了時まで、
このカード以外のカードの効果を受けない。

 JUDGMENT OF THE LIGHTで登場した光属性ドラゴン族シンクロモンスター
 シンクロ召喚でしか特殊召喚できない召喚制限効果外テキスト)、シンクロ召喚無効化されないルール効果シンクロ召喚に成功した時、お互い魔法・罠カード効果モンスター効果の発動を封じる永続効果、自身の攻撃宣言からダメージステップ終了時までカード効果を受けない永続効果を持つ。

 1つ目の効果シンクロ召喚無効化されない効果
 シンクロ召喚自体を無効にされないので、《神の警告》等の強力な召喚無効カードを気にせずに展開できる。
 なお、あくまで無効にされないだけであって、《虚無魔人》等が存在する場合はシンクロ召喚自体が行えなくなるので、当然このカードを呼び出すことはできない。

 2つ目の効果は、シンクロ召喚に成功した時にカードの発動効果の発動モンスター効果の発動を抑止する効果
 《奈落の落とし穴》等の強力な除去カード召喚に成功した時に発動するカードが多く、これらを無力化でき、1つ目の効果と合わせてシンクロ素材さえ揃っていれば確実にシンクロ召喚することが可能である。
 《ブラック・ガーデン》適用下でも攻撃力が低下することなく攻撃できる。
 ただし、召喚に成功した時に発動するカード耐性があるわけではなく、別のモンスター召喚した時に発動した《激流葬》には除去されるので注意が必要である。

 3つ目の効果は、このカード攻撃時にカードの効果を受けなくなる効果
 《聖なるバリア −ミラーフォース−》等の攻撃反応型罠カードも無力化できる。
 加えて、《強者の苦痛》等の永続効果も一時的にリセットされるので、攻撃反応型罠カード以外にも耐性を持つと言える。
 ただし、自分発動した効果も打ち消されるので、こちらから攻撃を仕掛ける場合は《オネスト》等の強化カードとは併用できない。
 さらに2つ目の効果と同じく、バトルフェイズに入る前に《強制脱出装置》などで除去される不安からは逃れられていない。

 結局のところこのカード効果は部分的耐性獲得以上のものではない。
 耐性は不完全であり、高い攻撃力を誇るが直接アドバンテージを得られる効果を持つわけでもない。
 シンクロ召喚でしか特殊召喚できず、蘇生帰還も不可能なこのカード1枚をフィニッシャーに据えて組むのはリスクが大きいだろう。
 高レベル故に、シンクロ素材そのものが強力であることも多く、その時点でのディスアドバンテージはある程度覚悟する必要がある。
 総じてスペック自体は決して悪くはないものの、狙ってシンクロ召喚する分には旨みに欠ける。

 むしろこのカード最大の旨みは、唯一のレベル11シンクロモンスターであり、戦術の幅を拡大できるという点にこそある。
 必要なチューナー以外のモンスターは1体でよく、これまでシンクロ素材にし難かった高レベルモンスターも利用できる。
 レベル10モンスターには《トラゴエディア》《メタル・リフレクト・スライム》等の特殊召喚しやすいモンスターが存在し、これらに《エフェクト・ヴェーラー》等を合わせれば手間は少ない。
 《デブリ・ドラゴン》《カメンレオン》蘇生効果を用いれば、手札1枚からシンクロ召喚する事も不可能ではない。
 《精神操作》等で、今まで処理しにくかったレベル8以上のシンクロモンスターを奪ってシンクロ素材にしてしまうのも良い。
 また、《ミスト・ウォーム》等の効果を使い終わった最上級モンスターに、チューナーを組み合わせてこのカードを出すことも考えられる。

  • イラストには恒星に巻き付く、もしくは恒星と一体化した巨大な龍が描かれている。
    《星態龍》というカード名も鑑みるに「星に擬態した龍」、あるいは「星のような生態をなす龍」ということなのだろうか。
    なお英語名は「Star Eater(星を食らうもの)」に変更され、韻を踏んだ名前になっている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:最後の効果は、《スキルドレイン》無効になりますか?
A:はい、既に《スキルドレイン》フィールドに存在していれば無効になります。(13/04/29)

Q:《エキセントリック・ボーイ》によりシンクロ召喚する場合、効果無効になりますが《昇天の黒角笛》発動できますか?
  (「シンクロ召喚無効化されない」効果無効になりますか?)
A:いいえ、発動できません。(13/05/10)

Q:《エキセントリック・ボーイ》によりシンクロ召喚する場合、《激流葬》等を発動する事はできますか?
A:はい、発動できます。(13/05/23)

Q:このカード直接攻撃宣言時、《速攻のかかし》発動できますか?
A:発動はできますが、攻撃無効にならず、バトルフェイズも終了しません。(13/05/04)

Q:このカード攻撃宣言時、《バトルフェーダー》発動できますか?
A:発動でき、《星態龍》に効果適用する効果ではないため通常通り処理されエンドステップになります。(14/03/08)

Q:このカード攻撃宣言時、《サイバー・ヴァリー》の1つ目の効果発動できますか?
A:発動でき、《星態龍》に効果適用する効果ではないため通常通り処理されエンドステップになります。(14/03/08)

Q:このカード《閃光の双剣−トライス》を装備させた場合、2回目の攻撃宣言を行えますか?
  行える場合、攻撃は続行されますか?
A:2回目の攻撃宣言は行う事ができます。
  なお、攻撃宣言後にこのカード永続効果適用されるため、《閃光の双剣−トライス》効果を受けなくなり戦闘が終了します。(13/09/18)

Q:自分《安全地帯》対象となったこのカード相手直接攻撃宣言を行えますか?
A:直接攻撃攻撃宣言自体を行えません。(13/09/18)

Q:自分《安全地帯》対象となったこのカード相手モンスター攻撃しました。
  そのモンスターがいなくなった事でバトルステップの巻き戻しが起こった場合、相手直接攻撃できますか?
A:バトルステップの巻き戻しが発生した時点で「このカード以外のカード効果を受けない」状態となっているため、直接攻撃を行う事ができます。(13/09/20)

Q:このカード攻撃された際、《ガード・ブロック》《スピリット・フォース》発動できますか?
A:はい、発動でき、《星態龍》に効果を及ぼすカードではないので通常通り処理されます。(13/07/14)

Q:相手ターン相手の何かの効果チェーンして《フォーミュラ・シンクロン》効果発動し、《星態龍》をシンクロ召喚しました。
  この時《星態龍》はチェーン2でシンクロ召喚されている訳ですが、《星態龍》の「このカードシンクロ召喚に成功した時、魔法効果モンスター効果発動できない」効果はどの時点から適用されますか?
A:ご質問頂きました状況では、チェーン1の処理が続く為、《星態龍》の『このカードシンクロ召喚に成功した時、魔法効果モンスター効果発動できない。』効果適用されません。(13/10/09)

Q:《ヴァイロン・プリズム》《クリッター》等の墓地に送られた時に効果発動出来る効果モンスターを素材にして《星態龍》をシンクロ召喚した時、墓地に送られた効果モンスター効果発動できますか?
A:《星態龍》の効果発動することが出来ません。 (14/02/01)

広告